<< 歩こう会6月例会・・・トロッコ... 筥崎宮界隈花巡り(3) >>

長唄三味線のひととき
地元松風園で「長唄三味線のひととき」がありキャンセル待ちで参加することができました。いつ来ても手入れの行き届いた美しい庭園です。
b0018441_20424942.gif

奥の和のお座敷で、和楽器・・・長唄の鑑賞です。演奏者は長唄杵屋流弥佶派三代目のお家元です。お若いイケメンさんでした。
b0018441_20543523.jpg

さらに吃驚したのは、最初の演奏が「黒髪」。長唄は演奏と唄は完全分業制ですが、今回はサービス(?)。しっとりと、とても情感こもった演奏でした。詳しくは説明なさいませんでしたが、女の独り寝の寂しさを歌った曲です。お箏にもこの曲がありました。
b0018441_2055421.jpg

またトークが面白くて、三味線の歴史、組み立て、素材、演奏の障りなどを拝聴しました。オリンピックを迎え、三味線の皮が猫ではまずかろうと、ヤギ・カンガルーなどの開発がなされているようです。箏と琴の違いをリュート属・ハープ属で区分し説明、嬉しくなりました。
b0018441_20561532.jpg

特に足台を使っての演奏を見たのは初めて。幕間の時、足台をだして(裏方は大道具で準備中)演奏するのだそうです。
b0018441_20585869.jpg


舞踊曲・演奏曲も沢山作曲されていました。今回珍しく写真・動画・SNSがOKでした。「和の文化研究会」に入会したら、高取焼亀井味楽さんのお湯のみを戴けて、とてもラッキーでした。和事の催しには松風園はぴったりですね。50名程の参加でした。
b0018441_08342.jpg




b0018441_22195365.gif

[PR]
by otomi_2 | 2018-06-06 00:17 | ◆松風園・平尾山荘 | Comments(0) Topに戻る
<< 歩こう会6月例会・・・トロッコ... 筥崎宮界隈花巡り(3) >>