タグ:松風園 ( 10 ) タグの人気記事
Topに戻る
松風園の観月会(9/24)
毎年楽しみにしている松風園の観月会です。今年のお伴はお嫁さん。

まずはお抹茶セットを頂戴。お月さまとうさぎの和菓子に、まろやかなお抹茶。思わず「美味しい!!」 床の間の設えもご覧下さい。
b0018441_2059211.jpg
月は見えぬものの、強力女性陣(私達と演奏家?)で秋の夜をしっとりと楽しんでまいりました。
バイオリン・・・堤麻衣子さん、助っ人のサックスのお二人でした。


b0018441_2121896.jpgb0018441_2144420.jpg




b0018441_2191229.gif

[PR]
by otomi_2 | 2016-09-30 21:02 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
観月会
恒例松風園の観月会です。
b0018441_22182245.gif

出た 出た 月が
まあるい まあるい まんまるい
盆のような 月が

途中から大っきい、綺麗な月が出て、新鮮な驚きでした。
今年は月に最接近。そうスーパームーン。

Music Liveは、MOCO(ボーカル)と畑野芳恵(ピアノ)。
安全保障法に揺れる昨今、こんな時ほど聞きたい曲・・・
「イマジン」→クリックでお楽しみください。

 ※お隣の望東尼さんでも観月の宴が開かれていました。



b0018441_22195365.gif


[PR]
by otomi_2 | 2015-09-27 22:28 | ◆日々雑感 | Comments(7) Topに戻る
観月会・・・新井武人のアコーディオン
b0018441_21383887.jpg松風園は、いつもの閑静な佇まい。雲間に隠れたシャイなお月様は、こんな月だったのでしょうか?

今年の松風園観月会のお伴は、新井武人さんのアコーディオンです。
まずは、新井武人さんの「思い出のワルツ」を聞きながらどうぞ。→クリック

ご存知のようにアコーディオンは、右がメロディの鍵盤、左がベースとコードのボタン。私が弾くわけじゃありませんがもう頭がおかしくなりそう。おまけになかなかの美声で歌も歌うのですから、きっとこの方はボケないでしょうね。(←シニア目線でごめんなさい)

最初は月に因んだ曲からパリの街角から流れてくるような曲へ。思わず手拍子が出る軽快な曲もあり、後半は自作の曲へと展開。最後は「上を向いて歩こう」でした。おばさんでも楽しめる選曲でした。
b0018441_0271764.jpg

アンコールは、軍師官兵衛のオープニングテーマ。
えっ、フルオーケストラの曲を? ところがアコーディオン一台でも情感たっぷりでした。ひょっとすると意外性があって、今日一番良かったんじゃないでしょうか(失礼)。

甘く、でもどこか切ない調べをたっぷり楽しんで、階段を下りると・・・
闇夜に揺れる灯明は何かを訴えています。
b0018441_0275972.gif
アニメGIFです。一部ご覧になれない方もいらっしゃいます。

そう、黒田家の家紋(藤巴)でした。福岡は今官兵衛づくしです。
さしたる冷え込みもなく、今年も心行くまで堪能した観月会でした。
月は隈なきをのみ見るものかは

[PR]
by otomi_2 | 2014-09-23 00:55 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
只今再インストール中
W7機が絶不調です。マウス操作も、メール送信も、ブログのデジブックも表示されません。購入して3年半経ちますので、もう再インストールしかないですね。(実は1日延ばししていたのです。)

そういうわけで、ブログはしばらくお休みいたします。20日には地元の松風園の「観月会」があるのですが、今年は動画を撮る気が起きません。
その気になったときは、8.1機のほうでUPします。

つなぎに過去の松風園の記事を貼っておきますね。お暇な方はどうぞ。
2013 JAZZとあかり絵
2012 神楽とJAZZ
2011 お月見コンサート(影絵)
2007 月見の宴
2007 室礼講座(七夕編)
2007 松風園開園記念イベント

[PR]
by otomi_2 | 2014-09-19 00:27 | ├PC関連 | Comments(2) Topに戻る
観月会・・・Jazzとあかり絵
椅子に座って、待てど暮らせど月は現れず。
毎年お楽しみの地元「松風園」の観月会です。

そういえば昨年も雨。でもお陰様でかぶりつきでお神楽を堪能。
今年はお神楽の代わりに、入江千春さんのあかり絵(←クリック)です。人形と照明と博多弁のコラボで、愛らしい入江ワールドを醸し出していました。
b0018441_22544977.jpg

前で小学低学年の男の子が、スマホを巧みに操って、自分目線の写真を上手に切り取っているじゃありませんか。今スマホは侮れませんね。
b0018441_0164715.gif

Jazzの方は、悪乗りして手拍子を打っていましたので、あまり撮っていません。気が向いたらUPします。
豊満な肉体の持ち主・・・ボーカルの豊島ひろこが観客をノセてくれました。

ともあれ素敵な十七夜(立待月)でした。友泉亭ほど混雑せずいいですね。




b0018441_2011780.gif


[PR]
by otomi_2 | 2013-09-21 22:46 | ◆イルミネーション | Comments(2) Topに戻る
私を月に連れて行って・・・観月会
暑さ寒さも彼岸まで。朝晩はだいぶ涼しくなりましたね。
さて昨日は、地元松風園で観月会でした。
b0018441_21463749.jpg

月はいつものところで、いつものように私の来るのを待っている・・・
と思いきや、4時半ごろから本格的な雨模様。

場所は駐車場舞台からお茶室に変わり、飯場神楽・ジャズ演奏の趣向。
◇飯場神楽は、田島神楽とともに福岡市に残る神楽の一つ。豊栄(とよさか)の舞・・・美しい舞姫たちには拍手喝采。これは全部撮影。今年は稚児舞も拝見しました。田島神楽の時は夏風邪の高熱にうなされておりましたが、これは来年の楽しみといたします。

◇ジャズはご当地南区が生んだ世界的ジャズギタリスト・・・内山覚。岩石巧のハーモニカとのセッションをお楽しみください。少し長いですが10分に纏めました。音量にご注意!!



雨上がりの冷たい夜風に秋の訪れを感じながら帰宅しました。これでやっと暑さからおさらばできる!!とほっとした宵でした。


 

b0018441_2041172.gif

[PR]
by otomi_2 | 2012-09-23 10:32 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
お月見コンサート in 松風園
明日は一五夜ですね。
一足先に松風園のお月見コーンサートに行ってまいりました。

ご存じでしょうが、ここは旧玉屋の田中丸氏の邸宅だったところです。
公設民営ですから、面白い企画でいつも楽しませてくれます。
さて今宵はどんな趣向でしょうか・・・

好きな詩の朗読があったものですから、動画が長くなりました。
でもYouTubeにすぐにUPできますから、便利になりましたね。
お時間の許す方はどうぞ。


吾妻屋は、四阿の誤りです。ごめんなさい。

[PR]
by otomi_2 | 2011-09-11 15:50 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
七夕編2
b0018441_1841089.jpg


白い和紙の空間に、七夕の室礼を整え、抹茶を戴いて豊穣を感謝してまいりました。

歯医者の帰りに寄り、デジカメを忘れ、ケイタイで送信です。
一度ではなかなか送信できないですね。ピントはずれに送信です。

ご近所というのはいいものです。気負いなく参加できます。
受講料千円でした。
木(もく)……青……仁……春
火(か) ……赤……礼……夏
土(ど〉 ……黄……信……土用
金(こん)……曽……義……秋
水(すい)……黒……智……冬
     (紫・茶)
陰陽五行からくる五色の意味を忘れないうちにメモメモ。
黒は、歌舞伎ですと茶になったり、今日は紫でした。
そう言えば、篠栗霊場巡りでは、五臓を色であらわしていましたね。→篠栗の記事

[PR]
by otomi_2 | 2007-07-10 18:41 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
五節句の会(七夕編)
室 礼しつらえ 講 座

b0018441_20462360.jpg


日本の心と美しい形

古来より日本にはお正月、雛祭り、端午の節供など様々な行事が伝えられています。
「室礼」とは、こうした一年の節目に、又人生の節目節目に"季節を盛る" "言葉を盛る" "心を盛る"ことを言います。
「室礼」という言葉は、日本で生まれた言葉です。源氏物語にも「しつらひ」とあらわされ、度々登場します。               (抜粋)
松風園で、七夕(しちせき)の節供の催しに参加してきました。心と道具のかかわり方、感謝の心を供する美しい形を学びました。

松風園は、企画会社が運営しています。官設民営です。
今後のいろいろな催しが期待されるところです。

[PR]
by otomi_2 | 2007-07-09 20:46 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
松風園開園記念イベント(6/30)
平尾山荘の通りを一信号浄水通りに向かって歩き、平尾浄水町の信号を右折すると、閑静な住宅街の中に松風園が見えてきます。 今日は明日からの開園に先立ち様々な記念イベントがあり、ご当地ですから行ってきました。


ここは旧玉屋百貨店の経営者・田中丸氏の邸宅跡です。笛吹嘉一郎作の有名な茶室「松風庵」や趣のある茶庭が広がり、茶道を中心とした利用が考えられているようです。

イベントはユニットによる「涙そうそう」、シンポジウムとして、料理研究家の山際千鶴枝、いしむら万盛堂の石村一枝、裏千家で住職でもある清原宗皓三氏のお話は、大変興味深く拝聴しました。

うどん・饅頭・茶など文化の伝来としては博多は発祥の地であっても、普及となると京都などの後塵を拝しています。

和の食材、和の芸道を大切に、博多・福岡に伝わる文化が脈々と豊かに息づく町にしようではありませんかと館長が結ばれました。

建長寺・聖福寺・承天寺・勅使道・夏越しの饅頭など、博多寺社巡りで見聞した事柄等も出てきて、身近に感じられたひとときでした。

今後は五節句ごとに催しが開かれるそうで、また楽しみが増えました。
友泉亭・楽水園と比較すると、二回りもこじんまりしていますが、駐車場も10台あり、福岡市の第三のオアシスとして、市民に愛される憩いの場となりそうです。入園料・休園日等詳しくは松風園のサイトで。

動画も撮ってきました。 → は~い、ご案内。(←クリック)

[PR]
by otomi_2 | 2007-06-30 18:02 | ◆日々雑感 | Comments(6) Topに戻る