タグ:寺社 ( 9 ) タグの人気記事
Topに戻る
博多塀

聖福寺の格式の高い5本線の入った塀は、内側から見ると博多塀だとよくわかります。
b0018441_12483354.jpg

秀吉による太閤町割りの時、神社・仏閣や豪商の屋敷の土塀は、兵火による焼け石・焼け瓦を粘土で固めて造られました。それを私はリサイクル塀と呼んでいます。

今内側からみると、左の塀の修復が行われていて、崩れた下地が見えるのがとても興味深く感じられました。

b0018441_21274235.jpg


そしてゆっくりと境内を見渡すと、方丈の入り口の芝生のヘリ、奥の僧たち使用の納屋(?)への通路などにも、瓦が使われていましたね。

さりげなく、しかもアクセントのある美意識に唸ってしまいました。
次はどんな発見があるのでしょうか? 楽しみです。

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-07 21:27 | ├歩こう会 | Comments(4) Topに戻る
仙厓さんと七日間
博多寺町の中で私が一番心惹かれる禅寺・・・聖福寺。
今、歴代住職の中で最も有名な「博多の仙厓さん」を偲ぶ
七日間が開かれています。

b0018441_2149649.jpg


洒脱な禅画、ウィットに富んだ詩句。普段は拝観できない方丈の間でそれらを拝観し、茶席でお抹茶をいただき、心静かに観音経を写経してまいりました。

b0018441_2157388.jpg


b0018441_2158155.jpgいつ訪れても期待を裏切らない、なんとも風格のある禅寺です。

最終日の明日は、午後2時からコンサートがありますよ。
久し振りにいかがですか?


お月様 
   幾ツ 
     十三七ツ


  参照 美の巨人たち


[PR]
by otomi_2 | 2008-10-06 19:48 | ├歩こう会 | Comments(2) Topに戻る
久留米ミニ寺町巡り
博多寺町と同様、久留米にも由緒ある寺町がありました。

b0018441_17114317.jpg久留米市は、福岡県で第3位の都市です。

2005年に近隣の4市と合併し人口が30万人(私の住む福岡市南区が24万人強)を突破。

今年4月1日に中核市に移行したばかりですね。

250年にわたって治めた有馬藩の久留米城。滔々と流れる筑後川。市民が敬愛する高良山。歴史と自然に恵まれた、住みやすい規模の都市と思いました。

産業は、ご存知ゴムに久留米絣。ゴム会社はSNKのふるさと探訪で案内していただきました。今回は、久留米絣を中心にしたミニ寺町巡りです。この通りです。道の両側お寺だらけです。
b0018441_15524973.jpg


b0018441_1743229.jpg◆まず最初は、遍照院にて勤皇志士・・・高山彦九郎の墓参りです。
ご案内

寛政の三奇人の一人だそうですよ。

b0018441_160306.jpg
b0018441_1604937.jpg

b0018441_16111180.jpg
そして終焉の地もすぐそば(歩いて5分ほど)にあるのです。



◆次に久留米絣発展に貢献した井上伝女のお墓に詣でました。→ご案内
b0018441_16362313.jpg

b0018441_16531654.jpgこの封建時代に、女の細腕で機織の作業場まで設けて久留米絣を広めていきました。たおやかな中にも芯の強さがあらわれていたブロンズ像でした。

お墓には、瑞々しいお花が手向けてありました。

石橋家とはまた違った角度で、久留米を支えた偉人の一人であることは、間違えなさそうです。

◆最後に遍照院庭園・茶室によりました。
思いの外素晴らしかったですね。→ご案内

この茶室は、高山彦九郎の法名「松蔭以白居士」に因み、「以白庵」と名付けられています。

処々の芝生にぴょんと顔をだしたネジバナ。茶室には珍しい(?)赤みの強い壁の色が、強い印象を放っていました。下手な写真ですがフラッシュでどうぞ。

今回もまたまた楽しい道草でした。
ご案内の皆様に、お先にお礼申し上げます。(フラッシュは一番下でないと、埋め込みに失敗しますので。)

[PR]
by otomi_2 | 2008-07-02 14:30 | ├Flash講座 | Comments(4) Topに戻る
昼の憩

『古寺を巡る』
一段落して、また初物をゲット。昼のいこいに紐といています。

今後発刊予定50号を一覧すると・・・
創刊号「法隆寺」に始まり、2008/1/29「東日本の霊場めぐり」に終わる。
1/3は詣でたことのない寺々。

名刹のといわれる古寺の教えとその歴史、仏像や絵画
を始めとする、仏教美術の名品をわかりやすく、美しく
紹介するシリーズ(編集長刊行の言葉より)。

天命を知る歳になり、最先端のITにどっぷり浸りながら、
魅かれるのは古きもの。
創刊号、一筆箋付き190円。

そう言えば、今日はVISTAの発売日ですね。

[PR]
by otomi_2 | 2007-01-30 14:51 | ◆本 | Comments(2) Topに戻る
博多情緒めぐり
来てんしゃい!
見てんしゃい!
歩いてんしゃい!
b0018441_20622.jpg’博多情緒めぐり’と称して、今博多の町ではいろいろなイベントが行われています。

今日は日本最初の禅寺・・・聖福寺で、第8回「博多の歴史と文化」という催しに参加してきました。(この先が方丈です。)


b0018441_206313.jpg
普段は拝観謝絶という方丈前庭で、栗むし羊羹で呈茶をいただきました。
お手前は博多区長さんです。雅楽をききながら、久しぶりにゆったりとお薄をいただきました。


b0018441_207325.jpg雅楽の演奏は、浄土宗福岡雅楽会の方々です。

近県浄土宗30余名の会員からなり、普山四季・落慶法要・結婚式等の出仕、また雅楽を多くの人に接してもらう為、学校授業・老人施設慰問等の活動を行っているそうです。

b0018441_2073977.jpg次に第133世住職 芙蓉庵白峰老大師の講話です。

高僧仙崖和尚のいまわの際に、弟子が一言お願いしますとたずねたら、短く「死にとうない。」
禅問答ですね。


その後、九大教授井手氏の講演「中世の博多と寧波(ニンポー)」が1時間ありました。
中世の日中交易の窓口としての博多が重要な役割を果たしてきたことは、私達も認識していますが、その相手・・・寧波という港町については良く知りませんでした。

港町の他に、天台宗や禅宗の仏教文化の中心地でもあり、ここから数多くの美術品が伝来しています。その中でも仏画に焦点をあてての日中交流の解説は、面白かったです。

スクリーンが白っぽくなって、見にくかったのが残念でした。
境内は650年大法要に向け、手入れがなされていました。


[PR]
by otomi_2 | 2006-11-04 20:08 | ├歩こう会 | Comments(6) Topに戻る
歩こう会1月例会・・・三社参り(徒詣り)
元旦早々知恵熱(?)を出し、三社参りがのびのびになっておりました。今日は、歩こう会の方々とご一緒に三社参りを兼ねて初歩きをしてきました。

b0018441_22423571.jpg朝9時半、住吉神社に集合。

総勢30名余りの大集団で今年もまた楽しい歩こう会です。
b0018441_22463592.jpg

   櫛田神社
b0018441_22465273.jpg

箱崎八幡宮

その他、清流公園の高灯篭、濡衣塚、崇福寺、動物園跡など、知る人ぞ知る穴場を案内していただきました。


この後有志の方々と、「梅香」で新年会。
実は今日のお目当ての写真はこれです。↓
綺麗どころ博多芸者の恵比寿神社徒参り(かちまいり)です。
参道は丁度浅草寺の仲見世のような賑わいでした。
午後3時ごろ。ここで解散しました。
b0018441_22472731.jpg

鳴り物は動画でどうぞ。再生ボタンを押してください。

[PR]
by otomi_2 | 2006-01-09 22:47 | ├歩こう会 | Comments(0) Topに戻る
「博多寺社めぐり」UP
いま勉強しているCSSとジャバスクリプトで、今年の1月初旬の博多寺社めぐりの頁をつくってみました。

いつもHPを作るときに悩むのは、1)背景の色(基本の色) 2)レイアウト 3)写真の選択 4)そして一番はコメントです。なにしろ文才がないものですから浮かんでこんのです。

新しいXPのマシンで初めて作った頁です。ワイドのディスプレイも良し悪しですね。解像度は1280×768ですからHPを作るときはちょいと不便です。
画像をクリックすると、HPに飛びますよ。


[PR]
by otomi_2 | 2005-07-18 02:23 | ├CSS講座 | Comments(4) Topに戻る
歩こう会1月例会・・・博多寺社巡り(1/8)

b0018441_2110269.jpg今日は博多のごりょんさん姉妹のご案内で、20人を越すSNFの方々で博多寺社巡りをしました。
とっておきのお話のご披露もしてくださり、有難うございました。予報に反してさほど寒くなく、楽しいお寺巡りでした。


集合は午後1時、お櫛田さん(櫛田神社)。
まず最初は真ん前の万行寺から。



一番心惹かれたお寺は、
臨済宗妙心寺派の聖福寺。
どこからも絵になり、境内は
隅々まで手入れが行き届いています。



最後は綱敷天満宮で解散。
約3時間弱をゆっくり散策しました。
皆さま、お疲れ様でした。

この御供所校区は、博多灯明ウォッチングの時歩いたのですが、
なにぶん夜のことで、かすかな記憶しかありません。
そのうち、ゆっくりHPを作ります。自分の記憶に留めるために・・・


[PR]
by otomi_2 | 2005-01-08 21:02 | ├歩こう会 | Comments(2) Topに戻る
正月3日、三社参り

まず三社参りは氏神さまの高宮神社から。
平成17年に400年ぶりの大造営を迎えます。

おみくじは中吉。何事も控え目がよろしとの事。
「声は消えても、心の底に響く言葉は残る」

思い当たることが多々あり。
まずは、新年会での食べ過ぎに要注意!!



2番目は住吉神社

恵比須券は「大当たり~」ではなく、
「3番、関東流福熊手~」でした。

最後は山笠で有名な櫛田神社
こちらは参拝の列が道路まで
続いていました。

東京の浅草寺、明治神宮他に比ぶれば、
のどかなお正月風景です。

亭主のおみくじは末吉。
銀杏賞に当たりました。

”めでたさも中くらいなり、おらが春”

[PR]
by otomi_2 | 2005-01-03 17:29 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る