タグ:テニス ( 7 ) タグの人気記事
Topに戻る
ウインブルドン2007決勝戦
男子のFinalは、2強フェデラー対ナダル。今ゲームが始まりました。
開始早々フェデラーのブレイク。これはフェデラーの楽勝かな?
と思ったものの、ナダルもブレイクしてイーブン。素晴らしいスーパーショットの応酬で、見応えのある決勝戦になりました。

b0018441_0403672.jpgそれにしても、女子のFinalはどうして、エナン対ビーナスではないの!!
QuarterFinalは、しっかり取っていたので、安心していました。

結局エナン、ハーフで負けたのですね。フィジカルもハートも強いエナンでしたが、確かにQuarterでコーチを振り返る場面が多く、伴に戦う姿勢と伊達公子は言ってましたが、私には、少し異常に感じました。

離婚というハンデを乗り越えてウインブルドンに登場してきたのですから、彼女に是非プレートをあげたかった~!! テニス界ではすでにベテランの部類にはいるビーナス・ウイリアムの優勝もまぁ良かったです。森上に勝ってから、調子をあげてきましたね。森上も勝てるチャンスはあったのですから、振り返ると残念ですね。

さて、ゲームはタイブレークに入りました。4-1、フェデラーリード。セットポイントでナダルのチャレンジ。チャレンジ成功、6-6。7-7。両者一歩も引かず。結局フェデラーがタイブレイク9-7で第1セットをものにする。

男子は5セットマッチ。残念ながら、今日はここまでとします。
写真は、今年のベストドレッサー賞(otomi主催)・・・シャラポアのスワンをイメージしたウェアです。

P.S.
結局フェデラーがフルセットで勝ったのですね。5連覇おめでとう!!
エナン、フェデラーなど、多彩な技を繰り出すオールラウンドプレーヤーが好みです。さて、今夜はサッカーアジア杯。梅雨間の憂さ晴らしはスポーツ観戦に限ります。

[PR]
by otomi_2 | 2007-07-09 00:40 | ◆スポーツ | Comments(0) Topに戻る
愛のテニスの勝ち


日曜日午後は夫婦でテニス。

夫は筑紫丘のコートへ。私は東レ・パンパシへ。
決勝戦の対戦は、ヒンギス―シャラポアを楽しみにしていたのですが、シャラポアは昨日左太もも痛のため棄権。きょうの相手はセルビアのイワノビッチ。

サービス・右ストロークの強打も決まらぬ不調のイワノビッチ。
対して、婚約という精神的な充実がもたらす、余裕のプレースメントのヒンギス。

『婚約者への電話代、稼がなきゃ』
愛は勝つ!!

[PR]
by otomi_2 | 2007-02-04 16:18 | ◆スポーツ | Comments(0) Topに戻る
サポーター終了!!
WorldCup2006も、ウィンブルドン2006も同時に終わりましたね。


イタリア優勝おめでとう!! フェデラーもおめでとう!!
昨夜は二兎を追ってしまいましたので、肝心のサッカーの時は
寝入ってしましました。
起きた時は、PKが丁度終わったところ(T_T)。

こんな私のために、天下のHNKが10時から決勝戦のハイライト
をオンエア。わるいわね~。b0018441_13252935.gif

しかし、いつも決勝戦はドラマがありますね。
今回は、今日で引退のジタンの一発退場!!
そういえば、ジーコの日本での引退試合も似たようなことがあったような・・・

今回の特徴は、守備の堅いところが残り、そしてベテランが大活躍したといえますね。嬉しいね、シニア(まだ予備軍)としては・・・

私の一足早いどじなサポーターとしての夏休みは、これでTheEndです。
これからは、プレイヤーとして後半年を楽しむ事にいたしましょう。

老練なオシム監督の登場にかすかな期待を寄せて・・・
また4年後、南アフリカで!!

[PR]
by otomi_2 | 2006-07-10 12:53 | ├サッカー | Comments(0) Topに戻る
還って来たヒンギス!!(2/5)
昨日(準決勝)・今日(決勝)と、東レパン・パシフィックテニス(東京体育館)を見ています。

★彡 昨日は、還って来た女王ヒンギス VS コート上の妖精シャラポア
b0018441_16293279.jpg
いつものようにパワー全開のシャラポアに対して、自然体のヒンギス。ラリーは互角。だがプレースメントはヒンギスが上。8ゲーム目にシャラポアがつかまって、そのままセットを落とす。このまま終わるシャラポアではないが、今日ばかりは隙のないヒンギスに、好いようにあしらわれた。
私は女王の復活を心から喜んだ。

★彡今日は、同じく強打のデメンティエアが相手だ。
b0018441_16431626.jpg
正直私はこの選手のことをよく知らない。いつもトップ10に入っているロシアの選手だそうだ。私も含めて、東京体育館の観客は、ヒンギスが優勝カップを高々と持ち上げている光景を想像していたに違いない。

だが、コート上は思わぬ方向へ・・・・・
昨日は完璧なまでに、心技体をコントロールしていたあのヒンギスはいなかった!!

しっかり構えて打つシャラポアに対して、デメンティエアは少し打つポイントが早い。その違いにヒンギスが対応しきれない。余裕なく相手に合わせて強打しては墓穴をほる。

そこでヒンギスはサービス&ボレーや、ネットプレーを試みるが、ボレーの精度もいまひとつ。逆にロブであしらわれてしまう。デメンティエアの強打は、これでもかと益々勢いを増す。

2セット目は、勝負に対する執着も失ってダンゴ(0)でゲームセット。4年前このデメンティエアと戦った後、コートを去った苦手意識があるのか・・・ それにしてもデメンティエアの強打は、全盛期のウィリアム姉妹を彷彿とさせた。

しかし試合後の優勝者を称えるヒンギスの屈託のない笑顔はヨカッタね~。
私まだ戦える・・・との自信のあらわれか。
彼女が復活したのだから、私も・・・???

[PR]
by otomi_2 | 2006-02-05 16:36 | ◆スポーツ | Comments(0) Topに戻る
ウインブルドン女子決勝戦
女子決勝戦は、第1シードのダベンポート対シャラポアを破って絶好調のビーナス。
サービスのトスに神経質になっているビーナス。何度もダブルフォールトを犯しながらも、決してあきらめず素晴らしいラリー戦を展開。黒い豹のようなしなやかで力強い動き!!

対してダベンポートも久しぶりの優勝プレートに王手。第2セットはチャンピオンシップポイントもあったのに~!! 心情的には解説者の伊達君子と同様、ダベンポートに勝たせてあげたかった~。

あら、ところでダベンポートはMiss? 確か恋をしてスリムになって結婚したのでは? この辺詳しい方はコメントください。

2時間45分の決勝戦最長ゲームを制し、ウィナーになってのはビーナス。記憶にのこる名勝負でした。リアルタイムでご覧になったみなさま、お疲れ様!! ウインブルドン充分堪能しました。

[PR]
by otomi_2 | 2005-07-04 00:07 | ◆スポーツ | Comments(0) Topに戻る
ウインブルドン新旧女王の戦い
昨日の深夜、ディフェンディングチャンピオンのシャラポア対旧女王ビーナス・ウィリアムズの壮絶な女の闘い(準決勝)、見ごたえありましたね~。

大好きエナンが1回戦で早々姿を消した今、この1戦だけが楽しみでした。
シャラポアの調子は悪くなかったのですが、如何せんウィリアムズがバカ当たりしてました。サービスよし、リターンよし、ラリーよし、隙がありませんでした。

ミラクルショットの応酬で、非常に内容の濃い試合でした。1セット目のタイブレークが勝負の分かれ目でしたね。

第2セットの1ゲーム目、ウイリアムズがブレイクしたところで、勝負あり!!
もう休みました。やはりシャラポアのストレート負けになってましたね。

二人ともシンプルなワンピースで、視覚的にも楽しめたウインブルドンでしたが、UPされたシャラポアの顔には連戦の疲れが見て取れましたよ。ウイリアムズも、あんなうち方していると、早晩腰を悪くするのではないか・・・と、お富おばさんの余計なお世話でした。(写真はYOMIURI ONLINEから戴きました。)

[PR]
by otomi_2 | 2005-07-01 13:50 | ◆スポーツ | Comments(0) Topに戻る
フレンドリー同士(6/26)
今日は、亭主のテニスの試合でした。
あるコーチ主催の9チームからなる団体戦。
なんとか優勝したそうです。

右はその賞品。
ラケットも納められるような、多目的デーバッグ
のようです。

ところであなたのチームの名前は?
「フレンドリー」「えっつ???」
私の卓球チームと同じじゃありませんか。

まぁ、『仲良き事は、美しきこと哉』ですね。

【追記】
しばらく経って、亭主がぼそっと、「フレンドリーじゃなくて、フレンズだった」と。
やれやれ、折角きれいに纏めたのに・・・。

[PR]
by otomi_2 | 2005-06-26 21:34 | ◆スポーツ | Comments(0) Topに戻る