<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
博多かるた(た)

 端午の日 アゴの蒲鉾 お吸いもん
b0018441_1652922.jpg

端午の節句にはアゴの蒲鉾をいただくのが博多流? 
そしてお吸い物にも入れていただきます。

そう言えば、お正月のお雑煮もアゴだしで作ります。ブリの切り身も入れて。家は未だに東京風お雑煮です。(^^ゞ


 
b0018441_17275912.gif

[PR]
by otomi_2 | 2017-09-27 16:47 | ├博多かるた | Comments(0) Topに戻る
室見川灯明まつり(9/23)
室見川灯明祭り(早良区次郎丸三丁目河川敷)
b0018441_50384.jpg
b0018441_505825.jpg

b0018441_5244312.gif地元の自治協議会が主催。今年で17回目。今年のテーマは、「世界遺産」です。

さて明かりの彩る世界遺産のシルエットはどんな作品に仕上がっているのでしょうか。

夜の帳が下りる前に、縁取りの子供たちのあかり作品にご注目ください。

奥の橋上からは灯明師:尾方孝弘の2つの作品が光の芸術を描き出していました。

「自由の女神」

b0018441_0364121.jpg

「タージマハール」

b0018441_0384068.jpg

クリックすると画像は拡大します。
その他の作品は、下のYouTubeの動画でごらんください。




b0018441_15384873.gif

[PR]
by otomi_2 | 2017-09-24 05:01 | ◆イルミネーション | Comments(0) Topに戻る
栗の渋皮煮
昨夜、孫が大きな大きな栗を運んできてくれました。鹿児島産です。剪定したりして、愛情をかけたのでしょうね。有難くいただきます。
b0018441_18572937.jpg

こんなに大きな栗は、道の駅でも見かけません。やはり渋皮煮ですよね? 皮を傷つけずに剥くのが大変ですが、包丁を研いでおいたので割と簡単でした。
b0018441_18575864.jpg

は~い、出来上がり。レシピは大好きな大原千鶴プレゼンツです。
ブランデーがなかったので、ラム酒をドバドバっと入れ過ぎて、味見でクラクラ。最後に失敗なんて私らしい。
b0018441_21181468.jpg


[PR]
by otomi_2 | 2017-09-19 14:45 | ◆グルメ | Comments(0) Topに戻る
シルバー川柳
台風一過の秋晴!! あちこち故障はしていても、無事敬老の日を迎えられて有難いです。

春秋欄のシルバー川柳が身につまされて、笑えます。
(全国有料老人ホーム協会選定)

「字を忘れ考えてるうち文忘れ」
    両方揃い踏み。ブログは認知症対策
「通帳に暗証番号書いている」
    そこまでは! でも何回も打ち直すパスワード
「君の名は?老人会でも流行語」
    貴女、彼女、あの人は当たりまえ
「ペットロス主人の時より号泣す」
    先に送って、良かったのか悪かったのか
「石段の下から拝む寺参り」
    常磐神社橋前でお参りす

我が家の現状
「躓いて手を出さずに顔を出す」
「トイレ出てまた紳士用に入る妻」

お蔭様で元気です。
b0018441_15472048.jpg


b0018441_17275912.gif

[PR]
by otomi_2 | 2017-09-18 15:47 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
歩こう会9月例会・・・長崎県民の森ウォーク
b0018441_14193998.jpg
今回はインタープリター(自然解説員)5名のお蔭で、 充実したウォークとなりました。

雨が降ろうが槍が降ろうが、そこに森があるから、歩こう会は進む。左手に傘、右手にデジカメの二刀流。覚えきれないほどの樹木・花のレクチャーをうけ、雨と汗でぐしゃぐしゃになりながらも、心は喜びで満タンでした。

いつものデジブックで纏めました。ピンぼけは平にご容赦ください。



タブレットの方は、上の埋め込みが空白になっていると思います。下にリンクしていますので、クリックでご覧ください。

b0018441_12564291.gif

[PR]
by otomi_2 | 2017-09-15 16:17 | ├歩こう会 | Comments(2) Topに戻る
赤ちゃん土俵入り
「泣く子は育つ」
住吉神社の「赤ちゃんの土俵入り」に当選しました! 
これは赤ちゃんの健やかな成長と無病息災を願う行事で、化粧廻しを付けた約300名~400名の赤ちゃんが東西に分かれ、青年相撲選手に抱かれて土俵入りを行います。17:00集合(最後)ですから、滑り込みセーフだったのですね。幸運なことです。
b0018441_18193013.jpg

赤いふんどしにお着換え。なんだか大五郎みたいですね。
b0018441_18201375.jpg

本殿前で神妙にお祓いを受けました。
b0018441_17135396.jpg

化粧まわしをつけ・・・完成!! ここまでは元気いっぱい。
b0018441_17171483.jpg

さて、西方9番で土俵入りです。清めの水もいただいて・・・
b0018441_18163210.jpg

おあとは動画をどうぞ。笑っても泣いても可愛い。じ~じ・ば~ば馬鹿ぶりを発揮しています。




b0018441_15414616.gif

[PR]
by otomi_2 | 2017-09-13 06:52 | ◆日々雑感 | Comments(4) Topに戻る
中州ジャズ
b0018441_232216.jpg
中州ジャズに初めてお邪魔しました。5時過ぎ続々と人が集まってきています。福岡の歓楽街…中洲をさらに活気あふれる街にしたいという思いで結実した中洲ジャズ。 今年で9回目。
b0018441_11552121.jpg

いくつか色分けされたステージがあるのですが、ここは貴賓館前の「KBCグリーンステージ」です。かぶり付きの席には、昨日・今日と2日も通い詰めている熱狂的なファン。私は隅っこで。5:20始まりました。体の五臓六腑がひっくり返りそうな大音量!! みんなノリノリです。
b0018441_12363922.gif

シニアには川を眺めながら聞くぐらいが程よいかも。音楽を愛する福岡人の底力を感じましたが、あまりに仰天して自転車の鍵を紛失。大事になった情ない顛末。(苦笑)

来年は折り畳みイスを持参しますよ~。各ステージをはしごしたいです。←懲りてませんね。

b0018441_12253138.gifb0018441_12261482.gifb0018441_12265998.gifb0018441_12265998.gif


[PR]
by otomi_2 | 2017-09-11 23:10 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
博多かるた(よ)

 嫁ごブリ 贈る習慣 知っとーや
b0018441_14451376.jpg

久しぶりの博多かるたです。続きから・・・
結婚をして最初の年のお歳暮に、奥様のご実家へブリを持っていくという九州の習慣があります。
 嫁ぶり・・・「嫁ぶりがいい」といって出世魚のブリを贈ります。

一種の縁起担ぎのような習慣なんでしょうが、東京まで義弟が持ってきてくれたのには、吃驚しました。その習慣も知りませんでした。寒ブリはお歳暮の時期が旬になる魚で、皆でお刺身でいただきましたが、身が締まっていて殊の外美味しかったですよ。


b0018441_17275912.gif

[PR]
by otomi_2 | 2017-09-08 18:36 | ├博多かるた | Comments(0) Topに戻る
「影裏」沼田真右
6月~8月は半月板が痛くて寝てばかり。今年の芥川賞が西南大学出身の沼田真祐氏の「影裏」にきまったので読んでみました。恥ずかしながら殆ど地元に関連のある方しか読みません。(^^ゞ

デビュー作で賞を射止めたのですから、きっとすごい作品なのかと思いきや、私には魔訶不可思議な作品でした。それにしても短い。これが芥川賞なのか・・・
b0018441_13443921.jpg

芥川賞選評から
「山田詠美」:釣りの話かと思えば、LGBTの元恋人のエピソードあり、友人日浅と映画「ブロークバック・マウンテン」のような成り行きになるかと思えば、震災が彼を奪った・・・かと思ったら、その父親から息子の正体が語られる。きらきら輝く接着剤のような言葉で小説をまとめ上げていく。うまいなー。

「村上龍」:「影裏」は上質な作品だったが、推さなかった。その理由は「作者が伝えようとしたこと」を発見できなかったから。

「高樹のぶ子」:フィッシングや自然の描写は、映像的で力強い。引きこまれて読むうち、この美しい岩手の地中深くに内包された、不気味な振動が徐々に表面化してくる。美しくもおぞましい、予言に満ちた秀作だ。

「奥泉光」:どこかハードボイルド風の味わいのある作品で、気持ちよく読めた。が短い。これは序章であって、ここから日浅という謎の男を追う物語が始まるのではないか。ぜひとも続きをお願いしたい。

他省略。私もこの続きを読みたい。「受賞者インタビュー」が興味深かった。(文藝春秋)


b0018441_0302779.gif


[PR]
by otomi_2 | 2017-09-03 13:48 | ◆本 | Comments(0) Topに戻る