<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
熊本城巡り
b0018441_073572.jpg
10/18のことでした。
MIDI仲間の秋の逢瀬は、熊本城巡りです。早速ランチバイキングをいただいて、熊本城周遊バスに乗って出発!!

まず城彩苑を散策。いろいろおもてなしを受けました。
b0018441_22374971.jpg

日本三名城の一つに数えられる熊本城。加藤家・細川家のもと九州の要として栄え、市民にも愛されているのが見て取れました。福岡市民でもシニアは身分証明書を出すと無料に・・・太っ腹!!

この日はアジア系の外国観光客が多く、賑わいは残念ながら福岡城を格段に上回っていましたよ。天守閣のある城は美しかばい!! 色々な点で惚れ直しました。(今回は中は割愛)

フラッシュでご覧ください。BGMを入れてみました。
[PR]
by otomi_2 | 2014-10-30 12:51 | ◆シニアネット | Comments(2) Topに戻る
深まりゆく秋
福岡市博物館辺りの秋です。

b0018441_17342132.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2014-10-28 19:05 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
タニタ食堂
天高く豚(愛称トン子)肥ゆる秋。
主人と糖尿食をいただいているにのに、体重は微増の一途。
ちりも積もればね~002.gif 推して知るべし。(ケイタイ画像です)
b0018441_1511051.jpg

後学のため、薬院のタニタ食堂へ(10/8)。
ところが私の前で日替わり定食120食完売ですって!!
お腹もすいていましたので、100円UPで週替わり定食を注文。

b0018441_15241042.jpgb0018441_1529576.jpg

ご飯は下の線が100g(推奨)。これでしめて449Kcal、780円。
b0018441_15455277.jpg

丁度我が家の夕食のような感じ。それなのに何故?・・・なんて野暮なことは言いっこなし。別腹の間食(甘い物)がネックなだけよ。それがわかっただけでも有意義なランチでした。

   山、卓球をしたければ、体重を落とすべし!!

[PR]
by otomi_2 | 2014-10-24 15:48 | ◆グルメ | Comments(0) Topに戻る
歩こう会10月例会・・・巌流島(10/14)
4か月ぶりの歩こう会。アナウンスの当日に申込みしたのですが、すでにキャンセル待ち1番。うそ~~!! この頃歩こう会もアンドレ・ジッドばりの「狭き門」です。

幸運なことにキャンセルが1名だけ出て、滑り込みセーフ。しかも当日は台風一過の秋晴れ。勢い足も喜んで前のめりです。
あら~、しかしこの構えでは大根も切れないわね。
b0018441_1341256.jpg


今回の歩こう会は、2007年3月例会・・・関門海峡レトロ周遊ウォークにプラスして、巌流島に船に渡り、火の山公園展望台でお弁当です。

まずは関門海峡レトロ周遊ウォーク(←クリック)をご覧ください。スタートからブルーの地名をクリックしてくださいね(イメージマップで作成、ジャバスクリプトで見れるとよいのですが012.gif)。

なぜか新しいデジカメが巌流島で充電切れ。充電したのですが・・・
今回は巌流島のフラッシュだけで失礼いたします。

[PR]
by otomi_2 | 2014-10-22 16:14 | ├歩こう会 | Comments(0) Topに戻る
吉竹さんがやってきた!!
あつ、本当に吉竹さん!!
お隣の平尾公民館で、NHK気象キャスター吉竹顕彰あきらさんによる講演がありました。題して「日本の四季と最近の気象」。 話し始めて1時間半、ご存知のようにソフトな語り口ですが、間もなく襲来の台風のように(?)、熱く気象について語るのでした。(写真OK出ました)
b0018441_10475924.jpg

天気予報の当たる確率は、80~85%だそうです。では天気予報が外れる理由は?
 ★初期値の誤差(観測データ)が少ない
 ★物理学的限界・・・天気現象はカオス(混沌)
 ★コンピュータの処理能力の限界・・・人による修正必要
ということで、気象予報士の力量が問われる(とまでは言われませんが)ところで、当たり癖・外れ癖が出るそうですよ。

 ★降水確率を上手に使う
 ★ピンポイント予報にはだまされない
 ★週間予想後半の雨予報は確度が高い・くもりは予報官の自信のなさ
 ★防災対策には「五感」を働かす(激しい雷は災害に直結)
 ★PM2.5の現状はあまり変化なし。過敏に反応する必要なし
との指摘がありました。

プロジェクターによる解説、クイズを取り入れた手法で、楽しく気象についてお勉強できました。 早速老人大学へ勧誘され、そんな顔になったのだ(いや、そんなはずはない、新顔だから?)と、しばし心の中で葛藤がありました。008.gif

でも吉竹ファンの私は、ルンルン気分で帰宅したのでした。
ところで夜のハンサム予報士・・・斉田さんもいいですね(無節操で失礼)。吉竹さんは小笹にお住まいで、徒歩でお帰りでした。有難うございました。
次回は是非四季の言葉の解説をお願いします。

[PR]
by otomi_2 | 2014-10-12 10:53 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
蜩ノ記ロードショー
待ち焦がれた「蜩ノ記」がロードショーされました。

今回試写会や鑑賞券が何故か当たらないのです。それもそのはず・・・50円葉書で出していたのですから、届くはずもなく、ご縁がなかったとあきらめ映画館へ。

今大々的に宣伝してますから、ご存知と思いますが、直木賞を受賞した葉室麟原作の時代劇です。



前代未聞の事件を起こした戸田秋谷は、10年後の夏に切腹すること、そしてその日までに藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられる。幽閉されたまま家譜の編纂を続け、切腹の日まであと3年となったある日、城内で刀傷沙汰を起こした藩士の檀野庄三郎が、秋谷の監視役としてやってくる。

庄三郎は、秋谷が7年前の事件を家譜にどう記しているかを確認して報告し、また、逃亡するようであれば家族もろとも斬り捨てよとの密命を帯びていた。庄三郎は秋谷のそばで過ごし、その人柄や家族とも触れ合ううちに、秋谷が事件を起こしたことが信じられなくなり、7年前の事件の真相を探り始める。おあとは映画をどうぞ。(←引用は映画.com)

葉室麟の好きな言葉・・・”桃栗3年、柿8年、柚子は9年で花が咲く。” 作家デビューして今年が奇しくも9年目。作家にとっても記念的作品。

四季折々の美しい風景と、切腹の日までを粛々と大事に過ごす家族。秋谷の民に向けるやさしい眼差し。今日本人の中に残っているとすれば、愛にあふれ、信義を貫くというDNAは、この時代から受け継がれてきたものでしょう。

若干起伏に乏しいとも思いましたが、終わってみると葉室麟の優しい人柄が透けてみえるのでした。
心に残る上質の映画ですよ。

[PR]
by otomi_2 | 2014-10-06 11:31 | ◆映画・ドラマ・芸術 | Comments(2) Topに戻る
県展
9/25須崎公園にある県立美術館の県展に行ってきました。
b0018441_15403449.jpg

勿論お目当てはSNK・SNF会友の写真でした。
途中から徘徊してしまって(苦笑)、係の方に場所を伺いました。わが精鋭部隊の写真は、どれも力作でした。

まるで絵画のような肉筆の写真があったかと思えば、紫煙で女体を表現した写真、未だにコンデジ派の私には、面白い視点・構図やシャッターチャンスが勉強になりました。

印刷・額装・搬入と、出品も大変ですね。
宝くじも、買わんと当らん。008.gif

b0018441_15412871.jpg
休憩室から撮った野外音楽堂です。
その昔(?)1960年代、この野外音楽堂では、数多くのライブが行われていたそうですよ。(私はまだ東京)


サンハウス、海援隊の武田鉄矢などが歌ったステージとか・・・
そのほか公園内では野外彫刻展なども開催されていたようで、福岡の音楽やアートのメッカという時期があったことがわかりました。

今は寂しく、一部ホームレスのねぐら化している部分もありましたが、天神の核が南へ南へと移っている現状では、私も須崎公園には滅多に来ません。


[PR]
by otomi_2 | 2014-10-01 21:03 | ◆シニアネット | Comments(2) Topに戻る