<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
天神まち歩き・・・まちなかアートギャラリー
今回は、天神まちなかのアートギャラリーを巡ります。よく歩くバイ。
「まちなかアートギャラリー福岡」の若いスタッフが応援です。
コースは下です。
b0018441_2013383.jpg


ソラリアプラザ工事囲い壁

殺風景な工事囲い壁に、突如アートが出現です。
漫画家佐々木充彦が描く連載漫画(?)です。題して「君を探して」
これは第5話です。
b0018441_0562527.jpg


ソラリアプラザの化石

ソラリアプラザに入り地下へ。入口付近の大理石に目を落とすと・・な、なんとアンモナイトの化石が!!
他にアクロス・毎日会館・イムズなど大理石を使っている壁・地面で、ウニ、巻貝、サンゴなどが見つけられるそうですよ。
下ばかり見て、人にぶつからないでネ。(←自分が一番心配)
b0018441_101811.jpg


レトロな街灯

さて、天神中央公園に入る途中で、こんなレトロな街灯があるのご存知ですか? これはビクトリア王朝の街灯で、姉妹都市オークランドから提携を記念して贈られたものです。。
b0018441_1133012.jpg


天神中央公園

公園内には旧県庁を解体した時の資材が沢山残っています。
まず後の門。
b0018441_1204521.jpg

そしてこの謎のベンチ。この形は大濠公園・春日公園にもあるそうですよ。
b0018441_1223830.jpg


肥前濠跡

次は須崎公園に行きます。この那珂川沿いの道、プランタンに綺麗なお花も咲いていて気持ちの良い小道です。でも歩行者天国ですから、自転車で通ると・・・行き止まり。008.gif
ここで注目は左側。肥前堀の端に当たるそうです。
b0018441_1405577.jpg


赤煉瓦文化館

天神のシンボル的な建物。明治時代の我が国を代表する建築家・辰野金吾と片岡安の設計により、日本生命保険九州支店として明治42年に竣工。
赤煉瓦と白い花崗岩の外壁は、19世紀末のイギリス様式で、ほかに尖塔やドームなど、小規模ながら変化に富んでいる。

市歴史資料館として使用された後、平成6年2月、有料の会議室を備え市民に開かれた施設「赤煉瓦文化館」としてオープン。
今は、1階の一部が「福岡市文学館」として使用され、文学に関するさまざまな情報を収集・提供している。 (参考よかなびWeb)

この辺りから見る夕日が抜群だそうですよ。夕方にどうぞご覧下さい。
b0018441_1514223.jpg

良い天気になりました。
b0018441_1445272.jpg


須崎公園

大砲の台場跡のある須崎公園。アートも大砲ですよ~!!
的は噴水そば。
b0018441_242772.jpg
b0018441_244163.jpg
この噴水は日時計になっているそうですよ。今何時?
b0018441_252432.jpg


中島公園

今は寂しい中島公園ですが、天保5年秋景気回復のため、付近に茶屋や芝居小屋が作られました。この碑はメインイベントの海老蔵(7代目市川団十郎)の忠臣蔵公演を記念したものです。
b0018441_14404674.jpg

<面白い逸話>
あの聖福寺の仙厓和尚との喧嘩。江戸時代の海老蔵騒動です。
「お江戸では一かわ二かわ知らねどもピンと跳ねたる海老の目ン玉」
洒脱だね~。海老蔵の目の大きいのは、代々のDNAだったんですね。
中洲歓楽街のきっかけとなったお話です。

旧国際ホテル

マリリン・モンローは、野球選手のジョー・ディマジオと日本に新婚旅行に来ています。福岡にも3日間滞在。このホテルの前身国際ホテルの窓からカーネーションを投げるというサービスも。
b0018441_16294626.jpg

小枠の写真は、通りを挟んで前のレストラン「ロイヤル」があったところ。マリリンは、ここのオニオングラタンスープがお気に入りで3日間通ったとか。

この後二人は離婚しています。仲良く和食を楽しんでいたら・・・結果は同じか。

川端商店街

川端商店街入り口の川上音二郎の像。福岡藩御用商人の家に生まれたが、継母との折り合い悪く、14歳で家出。演説家→落語家として活動。
b0018441_1663157.jpg

このとき寄席でした歌・・・「オッペケペー節」の音源(パリ万博?)が残っていたようで、聞かせていただきました。まるでヒップホップ!! 世が世なら大ブレイクしたことでしょう。博多にジャパニーズヒップホッパーの祖がいたなんて、すごいですね。
b0018441_1655852.jpg

YouTubeに公開されていましたので、貼ります。

スタートして2時間。今日は秋らしくモンブランをいただいて無事終了。

毎回ためになる「天神まち歩き」です。そのうちよそ者の目線から脱皮できるでしょうか・・・


b0018441_15405829.gif

[PR]
by otomi_2 | 2013-10-27 23:04 | ◆まち歩き | Comments(2) Topに戻る
歩こう会10月例会・・・人吉ウォーク
台風26号の爪痕も癒えぬまま、次の台風27号が接近の気配。
歩こう会10月例会は実行しますとのメールに、「じぇじぇじぇ!!」。

だが、読みはバッチリでした。
人吉市の雨はパラパラ程度。秋のウォークを存分に楽しむことができました。

相良氏は人吉を拠点に、鎌倉時代から明治の廃藩置県まで、670年間続いた武家です。東京の友人は、その相良氏の末裔なのかしら??

自分の備忘録用に、いつものデジブックで纏めました。
球磨川、胸川に挟まれた、堀のない天然の要塞・・・人吉城。日本100名城に選定された城址を興味深く眺めてきました。 タブレットの方は、ここをクリック。





b0018441_19243367.gif

[PR]
by otomi_2 | 2013-10-24 23:56 | ├歩こう会 | Comments(4) Topに戻る
天神まち歩き・・・大隈言道ゆかりの巡礼
ウォーキングに良い季節になりました。北野路を歩いたばかりですが、歩けるうちが花?? 10月の「天神まち歩き」は、大隈言道ゆかりの足跡を巡礼しました。福岡に住んでいると、いろいろな機会に大隈言道に出会います。
b0018441_20125154.jpg
寛政10年(1798年) ~慶応4年。江戸時代後期の歌人。父は商家大隈言朝。福岡の出身。
二川相近に師事して和歌を学び、30歳代半ばで独自の歌風を築いた。また、広瀬淡窓に師事して漢学を学んでいる。佐佐木弘綱、萩原広道などとも交友があった。
歌集に「草径集」、「続草径集」がある。(Wikipediaより)

今回のコースです。
b0018441_174589.jpg


今泉公園

言道自筆の歌碑の前で。後背の白いホテルが、「ささのや」と呼ばれる言道の旧宅があったところです。「酒・硯・桜」をこよなく愛して、平尾山荘の望東尼は、言道の愛弟子です。そうでした、そうでした。
b0018441_18374894.jpg
b0018441_192481.jpg

b0018441_1915490.jpg

碑の詳しい説明←クリックして下さい。

香正寺

次は、言道の菩提寺です。このお寺、前から気になっていました。
山門の改築の落慶が終わったばかりだそうで、まだ真新しい。
黒田家と縁が深く、上級藩士の菩提寺として隆盛してきた様です。

【上人橋】寛永年間、二代藩主黒田忠之公が相談役兼囲碁の友・・・この寺の開祖、日延上人が登城しやすいように、香正寺と福岡城下の間に流れる小川に橋を架けさせ、忠之公が「上人橋」と名付たとの事。格式のあるお寺なのですね。
b0018441_19382330.jpg

ここが言道のお墓。「もっとも学力あるは真渕、もっとも歌才あるは言道」・・・と佐々木信綱に言わしめた多作の人(6万首)。天保の俵万智ともいわれているそうですよ。(苦笑)
b0018441_2002597.jpg

このお寺では、惜しげもなく坊守さんがお宝の数々を鑑賞させて下さいました。有難う存じました。この方こそお宝のような気さくで美しく、見とれていました。
b0018441_1956219.jpg

警固神社

最後は警固神社で、大隈言道が筆を執ったといわれる三十六歌仙のうち、9作品を拝見することができました。写真は撮りましたが、ここでは控えさせていただきます。書も見事でした。
b0018441_20252755.jpg

お天気も良く、気持ちの良い天神まち歩きでした。お疲れ様~!!




b0018441_2011780.gif

[PR]
by otomi_2 | 2013-10-16 17:42 | ◆まち歩き | Comments(2) Topに戻る
第10回久留米ん町探検隊・・・初秋の北野路ウォーク
「ようきたのぉ!!」 
はるばる遠くから・・・という嬉しいお出迎えです。甘木線大城駅は、SNKの面々が集まっていました。

北野路はコスモス街道が有名ですが、実は歴史の宝庫でもあるのです。
目では寺社・史跡・コスモスを楽しみ、耳では、北野花の町の歌・昔話・有難いご詠歌を堪能しました。

さすがシニアネット!! 能ある鷹集団が存分に日頃の技を披露して下さいました。後半は傘を差しながらのウォーキングになりましたが、いたれりつくせりの素晴らしい久留米ん町探検でした。
隊長・ご同行の皆様、有難うございました。次は半年後ですね。(^-^)

ウォーキングの模様は下のデジブックでどうぞ。フルウィンドウが見易いですよ。音量は調節なさって下さいね。尚、タブレットの方は→ここをクリック。



「故郷北野は花の町」・・・歌もどうぞお愉しみください(←クリック)
MIDIの先生・・・須佐先生の作曲です。




b0018441_2011780.gif

[PR]
by otomi_2 | 2013-10-12 18:47 | ├ふるさと探検 | Comments(0) Topに戻る
アンビリーバブル!!
仕事帰りのショッパーズで、魔が差した!!
あら、皮の剥かれた栗があるんですね~。気が付いたら、もうその栗は
お買い物かごに・・・

山のようにやらなければならない雑用があるのに、仕方ありませんから
作りました。やはり美味しいですね。栗の渋皮煮は!!

殆どを冷凍して、少しずつおやつにいただきます。016.gif

b0018441_133060.jpg


           
b0018441_1264041.gif

[PR]
by otomi_2 | 2013-10-08 13:02 | ◆グルメ | Comments(2) Topに戻る