<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
エキブロの「ファン限定公開」って?
私のブログはオール公開設定にしていますが、「ファン限定公開」ってどういうこと? 下の「天神まち歩き」の記事で実験してみます。

記事には「公開」「非公開」「予約投稿」の他に、「ファン限定公開」というのがあります。投稿画面で「ファン限定公開」にチェックを入れると・・・
b0018441_92744100.jpg
記事は下のように表示されます。タイトルの前にハートマークがつきます。
b0018441_9343065.jpg


では、どうしたら相手側はこの記事を見ることができるのでしょうか?

b0018441_10134118.jpg
 まずブログのファンになる。ロゴの下の「ファンになる」をクリック。


b0018441_10192786.jpg
 ファン申請をする。
何かメッセージ入力。申請ボタンをクリック。「ファン申請を行いました」と赤字でj表示されるので、閉じます。


 設定の「ファン申請管理」画面で申請を承認・却下が選定されます。
b0018441_11373584.jpg


b0018441_11543272.jpg
 設定の「ファン情報管理」画面でサイドバーのファンに表示・非表示を決められます。⇒表示の場合。


4
 相手が承認すると、記事の内容が読めるようになります。
b0018441_11443599.jpg


ファン機能はブロガー同士が申請・承認することでつながる新機能です。あくまで相手もブロガーである必要があります。
まぁ、私のブログは備忘録みたいなもので、ついでに皆様のお役にたつならと公開しておりますので、相手を選びません。申請・承認なんてFacebook見たいですね。

ファン機能でできることを纏めると
①好きなブログにファン申請することができます。
②承認されると、相手のブログのファン一覧に登録されます。
③承認したファンを、ブログのサイドバーに表示することができます。
④ファンだけに記事を公開する限定記事機能が使えます!
(エキサイトブログヘルプ)より

◇なお、設定は単なる「公開」に戻しました。


b0018441_2041172.gif


[PR]
by otomi_2 | 2013-01-29 12:00 | ├ブログ講座 | Comments(0) Topに戻る
天神まち歩き・・・天神パワースポット巡礼コース
WeLove 天神協議会」主催のまち歩きに参加。今日は「天神パワースポット巡礼コース」をさるきました。

≪おことわり≫個人で見学なさる方は、どうぞ許可をお取りくださいね。
b0018441_2052879.jpg
スタートは警固神社

警固大神は福岡鎮守の神として歴代藩主から篤く崇敬され、特に二代藩主黒田忠之公の産土神として崇められました。
『警固』の名は、かつて鴻臚館近くに置かれた大宰府政庁の防護施設『警固所』に由来します。

ご社殿は本殿・拝殿の二殿からなり、5mのこの楠の木をはじめご神木が点在。天神の繁華街にありながら、パワーより安らぎが感じられる一角でした。足湯もありますよ~。
b0018441_20515444.gif

新天町商店街

名物の日本一大きい時計台です。
b0018441_2154437.jpg

神屋宗旦湛茶室跡

博多の豪商・・・神屋宗旦湛の茶室は、元奈良屋小学校付近にあったそうです。太閤秀吉が朝鮮征伐の折、この庵で茶をたしなんだとも伝えられる由緒正しい茶室でしたが、福岡空襲で焼失。移築された中庭がビルの3階から眺められます。左に戦利品の火炎灯籠などが見られます。
ここはビジネスビルですから、当然のこと許可が入りますよ。
b0018441_2124341.jpg

赤銅御殿の赤レンガ

「筑豊の炭鉱王」伊藤伝右衛門の別邸跡の一部の赤煉瓦が残っています。伝右衛門と柳原白蓮の話には、ついついガイドさんの熱が入り、後からの2班に追い越されました。⇒伊藤伝右衛門邸の過去記事
b0018441_21354922.jpg

関帝廟

さて、ここから親富孝(昔の親不孝)通りに入ります。
えっ、吐きバー? 水道もありますよ。
b0018441_114356.jpg


関帝廟は中国の学問と商売の神様「関羽」が祀られた廟。清らかな水が流れ、この辺りに醤油や酒造会社があるのがうなずけます。
b0018441_2252049.gif

b0018441_2221183.jpgb0018441_0202979.jpg

少林寺

福岡初代藩主黒田長政公の夫人の墓があります。
福岡藩3代藩主・黒田光之の子である黒田綱之の墓塔があります。綱之は光之の嫡男でありながら、突如として廃嫡され、南区の屋形原に幽閉されたそうです。

綱之は死に臨み、「自分の願いは叶えられなかったが、私の墓に真心を込めて祈るならば、願い事を叶えてやる」と言い残して没したので、多くの人が綱之の墓に参詣して願い事をしました。
その際に人々は墓石を削り取ったり、舐めたりしたため、墓石の高さは元の4分の1程になってしまったといわれています。(写真は撮れず)
b0018441_23482212.gif


b0018441_2221183.jpgb0018441_2221598.jpg

勝立寺

黒田長政が建立。名前の由来は、もとはキリスト教会だったのが、宗教問答の末勝ったという逸話からに因ります。詳しくは⇒説明
毎年冬至の日に「かぼちゃ大祭」が行われます。また福岡でただ一人の陸軍大将・明石元二郎家の墓も境内にあります。
b0018441_0274936.gif


今日も又、新しい発見が多々ありましたが、曜日間違えで遅刻という失態もまたやらかしました。 来月は仕事。ゆめゆめ油断なきよう・・・

           ☆          ☆          ☆

[PR]
by otomi_2 | 2013-01-26 19:31 | ◆まち歩き | Comments(2) Topに戻る
若冲(金閣・銀閣の寺宝展)
色彩の魔術師・・・若冲の絵が最近注目されています。
石橋美術館にその若冲がやってきました。
b0018441_153149.jpg
今回会場が二つに分かれていて、第1会場の石橋美術館、第2会場の有馬記念館をシャトルバスで繋ぐという趣向。
午後はリナックスの講習が控えており、本館の常設展示と別館の若冲展を駆け足で巡りました。(画像はパンフレットよりスキャン)
b0018441_213153.jpg

意外なことに、極彩色の「釈迦三尊像」より、「松鶴図」やシンプルな葡萄や竹などの水墨画の方に魅せらせました。ともかくデッサン力がすごい!!

これから行かれる方、一日充分時間を取って、両会場じっくりとご覧になることをお勧めします。時間を惜しみ、悔いを残しました。

※尚、若冲は第一部(1/12~2/8)のみの展示です。どうぞお間違えなきように。

b0018441_201671.jpg



              ☆          ☆          ☆

[PR]
by otomi_2 | 2013-01-22 19:20 | ◆映画・ドラマ・芸術 | Comments(2) Topに戻る
閻魔大王祭
博多の「海元寺」では、毎年1月・8月の16日には閻魔祭が開催されています。
b0018441_2257781.jpg

b0018441_2315213.jpg早速近くのファミマで求めたこんにゃくを持参。閻魔堂の奪衣ババアにお供えするのです。

十王図をみると、三途の川のそばにおばあさんがいます。それが奪衣ババア。こんにゃくのお供えは、その功徳で腹の中の砂とともに、「下の病」まで取って欲しいという願いが込められているのです。
b0018441_2373816.jpg

b0018441_23175986.jpgb0018441_2326145.jpg
閻魔という言葉は、元はインドのサンスクリット語のYamaを漢字に当てはめて閻魔と書くようになったのがはじまりです。

閻魔様のお顔を見ますと、インドと関係ないように見えますが、これは中国の木像の影響を受けたからです。
その役割は、地獄に落ちてきた者たちを、生前の行いによってふるい分け、その人にふさわしい地獄に落とすことです。

でも、本当は地蔵菩薩が姿を変えて閻魔様となっているので、つらい修業をしたのちには、極楽へと導いて下さるのです。(栞より)

やはり何事にも功徳だけでなく、自助努力も大事なようです。

ちょいと休憩

b0018441_082755.jpg
近くのお茶屋さんで、美味しい香りのよい紅茶をいただきました。
校区(?)のパティシエとのコラボもGood!! これで満足して帰れました。006.gif
b0018441_020125.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2013-01-16 21:20 | ├どんたく・山笠・博多寺社 | Comments(9) Topに戻る
どっちや・・・どっちも!!
鶴瓶のコマーシャル。笑えるね~。いつも苦笑しています。

b0018441_756587.jpg太っているから、膝が痛い?
膝が痛いから、太っている?
どっちや・・・どっちも!!

「膝は大丈夫ですか?」と卓球のコーチ。
『膝よりお尻が・・・』と心の中でつぶやく私。
どっちや・・・実はどっちも!!

南体育館へ行く途中、考えられないところで自転車がコケた。
思わず膝をかばい、弁慶の泣き所を痛めた。そして臀部も。
なのに何故かその日の卓球は絶好調!! 最近信じられないような事が起きる。実にどんくさい!! これが加齢ということなのでしょうか? ねぇ、ご同輩。
b0018441_4563870.gif

人もまばらになった警固公園の、祭りのあとのけだるい美しさに、しばし感動をおぼえるのでした・・・

[PR]
by otomi_2 | 2013-01-11 22:53 | ◆日々雑感 | Comments(4) Topに戻る
和やかな年明け
恒例元旦のお墓参りのあと、平野神社に初詣。
お参りの行列で30分ほど待ちました。
b0018441_19574739.jpg

由緒によると、平野宮は正暦2年(991年)、京都平野神社のご分霊を筑紫の牛頸に勧請鎮祭したもの。この牛頸の辺は「須恵器」を伝え作った人々の邑であったそうです。

b0018441_19593176.jpgふと見やると、1.5Kmほどのウォーキングコースがありそうですね。
今度覗いてみましょう。

おみくじは「吉」。 墓所では、うっすらと虹もみられ、まずまずの年明けとなりました。


今日は職場の新年会。姪浜の「逹揮」で。カメラマンが我先にと頂いてしまうものですから、貧相なオートコラージュとなりました。008.gif
b0018441_20144239.jpg

食べて笑って、大いに盛り上がった新年会でした。胃が疲れた~~!!



[PR]
by otomi_2 | 2013-01-05 20:27 | ◆日々雑感 | Comments(2) Topに戻る
新年のご挨拶
 
b0018441_1125562.jpg

b0018441_1262666.jpg
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

政権も新しくなりました。といっても後輩なので批判するばかりというわけにもいかず、美しい日本はさておき、景気回復が本当に実現しますよう手を合わせて祈っております.

さて、博多は九州の玄関口です。そのそばに寺社が林立していることは全国的にはあまり知られておりません。特に御供所校区は寺社が集中しています。私はこの静かな佇まいの街並みが大好きです。

過去を振り返り、博多の神社仏閣関連の記事をあげてみました。
私も歳ですね。暇を持て余している方はどうぞ。

新しい画面で立ち上りますので、ブラウザの右の×で閉じてここに戻りください。

博多寺社巡り・・・2005年1月のHPです。
恵比寿神社徒詣り・・・2006年1月の記事
立花実山・・・2007年9月の記事
仙厓さんと7日間・・・2008年10月の記事
博多塀1・・・2008年10月の記事
歩こう会1月例会(三社巡り)・・・2009年1月の記事
仙厓和尚さんの詩碑・・・2010年6月の記事
博多塀2・・・2011年11月の記事
歩こう会初歩き(1月例会)・・・2011年1月の記事
崇福禅寺・・・2012年5月の記事
博多千年煌夜・・・2012年11月の記事
[PR]
by otomi_2 | 2013-01-01 00:43 | ◆日々雑感 | Comments(3) Topに戻る