<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
読んでから見るか、見てから読むか・・・

今回に限っては、順番はどちらでも良いような気がします。
それぞれ、利点が際立っていますから。

本の三角点設置の苦労話、様々な方角から攻めて、最終的には、気候条件の許されたほんの数日間に雪渓から踏破。

本の小さな劔岳周辺概念図をスキャン、印刷して、地名や山を一つ一つマークしながら、ゆっくりゆっくり読み進みました。

まるで自分で登っているかのように・・・
山の知識もこの本で沢山学びました。

一転映画は、私の貧しいImaginationを補ってくれました。
四季折々の山の表情が迫力ある映像で映し出され、主役二人(浅野忠信・香川照之)も良かったですね。CG一切なし。雪崩のシーンはどのように撮影したのでしょうか・・・

志摩のYさんによると、
1) ヴィバルディの「四季」「冬」「春」「秋」
2) バッハ「幻想曲とフーガト短調"幻想"」
3) マルチロ「オーボエ協奏曲」第2樂章
4) バッハ「管弦楽曲第3番G線上のアリア」
5) ヘンデル「第4番組曲二短調サラバンド」
6) アルビノー二「アダージョ」

と木村大作監督拘りのクラシックが、物言わぬ風景のバックに流れていました。渡辺晋一郎の指揮、仙台フィルハーモニー管弦楽団の演奏。

過酷な自然の中で、生まれていく男たちの「絆」。
測量隊と撮影隊の「絆」がオーバーラップします。
撮影隊の苦行は、こちらをどうぞ。→映画公式サイト「劔岳 撮影の記」
この「撮影の記」も、バリ面白かよ~!!

もう一度ゆっくり見たい映画です。 ←今度はDVDですね。(^_-)-☆


[PR]
by otomi_2 | 2009-06-27 17:29 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
映画『劔岳』を見てきました!!
眼科の検診に行きましたら、今日は瞳孔を開ける検査はなし。亭主は出張。
お膳立ては揃いました。はい、勿論中州大洋で映画鑑賞です。

本を読んで、映像で一番確認したかったのは、覘標(観測用やぐら)でした。このやぐらの中心直下に標石を埋設するのです。

そして2年にもおよぶ撮影の結晶・・・雲海に浮かぶ立山の峯々。日本海から雲海越しに見える富士山。登攀ルートとなった長い雪渓。ムシカリの赤い実。そして近づく者を威嚇するような様々な角度からの劔岳。

本からの想像以上の素晴らしい映像でした。劔岳の頂上は資材を運ぶには厳しく、結局四等三角点を設置。当然記録には残りません。その上、修験者が残したと思われる剣の穂先と錫杖の頭が発見されるに至り、初登頂の栄誉も消し飛びました。

しかし、日本地図最後の空白点、劔岳を観測した柴崎ら測量官たちの栄誉は、この本と共に語り継がれることでしょう。私も次の登山では、三角点をもっと愛おしくなでることでしょうね。


[PR]
by otomi_2 | 2009-06-24 20:12 | └山登り | Comments(4) Topに戻る
『点の記』
晴耕雨読・・・懸案の『劔岳 点の記』を読破しました。著者は新田次郎。

点の記』とは、三角点設定の概略を記した公式記録のことです。点の記には、一等・二等・三等三角点の記の3種類あり、四等三角点は記録をとっていません。明治21年以来の記録は、永久保存資料として国土地理院に保管されています。

この本は、未踏の霊峰・・・劔岳に三角点設置の命を受けた測量官・・・実在の柴崎芳太郎の物語です。
私が九州百名山に登ると、山頂には祠(概ね)とともに三角点があり、登頂記念に必ずハイタッチしてきます。
b0018441_19113516.jpg
万年山(1140m)の一等三角点とまわりの保護石。

◆三角点なのに四角とは、これいかに?
三角関数を使った三角測量からからきた名。2つの位置関係がわかっている既知点から、角度を測って新点を測定するのに、三角関数を使います。三角点を設定し、次々と三角形を網状に形成し、三角網を完成させ、各三角点の位置を確定していく方法が三角測量。

b0018441_21464674.jpg◆三角点の等級=山のランク?
いいえ、設定された三角網の順番によるものです。一辺45Kmの一等三角網を利用して→一辺8Kmの二等三角網を利用して→一辺4Kmの三等三角網が完成。この成果から基本的な地図である五万分一地図が完成。

◆標石はどちら向き?
三角点と彫ってある方が南向き。方角に迷った時の指標になりますね。

測量は、1)地形偵察 2)三角点設定のための撰点(測量旗を立てる) 3)撰点に4m60cmの覘標(やぐら)を立て 4)標石を埋定し 5)やっと観測という大変な作業です。

明治の当時、立山信仰で登ってはならぬ山とされてきた劔岳。おりしも発足したばかりの日本山岳会との初登頂争い。Storyはしかと頭に入りました。

映画は、本のStoryに沿って忠実に撮影されたそうです。様々なコースからの劔岳の映像が愉しみです。機は熟しました。

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-23 19:05 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
間に合わなかった~!!
何が?

いよいよ映画「劔岳 点の記」が明日ロードショーです。
是非原作を読んで、自分なりのイメージを膨らませてから、見たかったのです。映画からの逆輸入は避けたい・・・
誰かが行かねば、道はできない
標高2999m、氷点下40℃。
明治40年、日本地図完成のために命を賭けた男たちの、魂の記録。
いま山男・山女達の熱いまなざしが劔岳に向けられている・・・
スタッフなどの完成会見のYouTubeです。
b0018441_22385168.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-19 22:15 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
大人のADHD
ADHDでぐぐってみました。
「注意欠陥多動性障害(ADHD)」は、落ち着くことができない「多動」、1つに集中できない「集中困難」、待てない・せっかちであるといった「衝動性」という3つの大きな特徴があります。

この3つが7歳までの間に6ヶ月間以上の長期間、2箇所以上の生活場所で見受けられた場合に「注意欠陥多動性障害」の診断を疑います。そのため、家ではとても落ち着いているのに、学校だけではウロウロしてしまう、特定の勉強時間はボンヤリしてしまうなどは、この障害ではないといえます。 ・・・以上引用。
b0018441_10445520.gif
b0018441_10452537.gif
ADHDは子どもの病気と思っていたところが、大人のADHDもあるのですね。
最近TVで片付けられない症候群に陥っている女性の番組がありました。

片付けている途中で他のものを見ると、今の状態をほっといて、次へ次へ・・・ 部屋の中は空き巣に入られたように散乱状態!! とうとう夫からも三行半を突きつけられ離婚。その後ADHDと言う病気であったことがわかり、きちんとコピーを揃えてホッチキスという苦手な分野は人に任せ、得意のパソコン分野で会社に貢献。子どもと自立して生活している様子が映し出されていました。→漫画で学ぶADHD

皆さん、心当たりないですか!! なんだか同じ状態なんですね~、私が。「単なるパソコンやり過ぎ症候群さ」と亭主は一刀両断!!

私も三行半? クワバラクワバラ。 さぁ、梅雨の中休み。余計な事を考えずに、片付けましょう!!

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-17 15:59 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
色鉛筆(6)
お身内に不幸があって、すっかり落ち込まれていらしたマーちゃんから、次の作品が届きました。

よかった。少し立ち直られたんだわ。
一心不乱に描いている時は、何もかも忘れられますものね。
そうして人とのふれあい・温もりの中から、また元気が湧いてきますように。

簡単な枠を付けさせていただきました。和服の柄に応用できそうですね。

b0018441_10271494.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-15 10:27 | ◆色鉛筆 | Comments(0) Topに戻る
歩こう会6月例会・・・秋芳洞
6月歩こう会例会は、山口県の「秋芳洞探勝」と「秋吉台ウォーキング」です。
何故かこの日は、小雨。きっと翌日の卓球の試合の為、天気も自重してくれたのでしょうね。

同じカルスト台地でも、平尾台は丸っこい羊のようなピナクル。秋吉台は鋭角な岩柱(ラビエ)。カルストという名は、ユーゴスラビアの有名な石灰岩地の地名だそうです。写真は秋吉台科学博物館で撮影。「秋吉台ウォーキング」は次の機会のお楽しみという事にしましょう。
b0018441_19551471.jpg

さて、雨でも大丈夫なのは、東洋屈指の大鍾乳洞と言われる「秋芳洞」探勝です。洞内観光は約1Km。済州島の万丈窟より長さでは負けるものの、洞内の規模は世界遺産並みと思うのは身贔屓でしょうか・・・

秋芳洞という名前は、昭和天皇がご探勝の折、賜ったものですよ。
では再生ボタンを押してご覧ください。といっても行った事がないのは私ぐらいでしょうね。(汗)
タブレットの方はこちらから ⇒ クリック。

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-12 16:47 | ├歩こう会 | Comments(4) Topに戻る
南区レディス春季卓球大会2009
昨日は秋吉台、今日は卓球。さすがにヘロヘロです。
私自身の結果は2勝3敗と散々。4パートで戦うには、週1回の練習では、今後難しいかも。でも増やすつもりもありません。

チームとしては、4試合して2勝2敗でした。しかし粘って負けたゲームもあり、結果はなんと2位になりました。最下位を想像していましたから、吃驚仰天。

チームの結束の賜物ですね。今年は私が年間幹事をしていますので、涙が出るほど嬉しいです。今日は、サッカー並みの熱い抱擁をくりかえしましたよ~!!
チームの皆さん、有難うございました。

とりあえず結果表を貼りますね。
b0018441_22414528.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-11 21:55 | ◆スポーツ | Comments(2) Topに戻る
煙(ガス)にまかれた三俣山
「あっしにまかせておくんなさい。」と次郎長と生国を同じくするchusanのご案内で、大分の三俣山に登ってきました。

当日夜半久留米方面は、大雨と雷だったらしい!!
電話がなり、「今日は中止します。」との連絡かと思いきや、otomiさんが始発電車で今到着との電話に、あわてて身支度を整える相方。

さて、この山行は、天国行きか地獄行きか・・・
行き先は、HPをどうぞ。→ 「三俣山のHP]

b0018441_20533267.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2009-06-07 12:27 | └山登り | Comments(4) Topに戻る
「いいもの いい人 いい暮らし」が本になりました。
高校後輩(といっても中味は先輩かも?)の仕事が本になりました!!

『Dream Road』サイト内、「いいもの いい人 いい暮らし」で紹介された経営者のインタビュー集が三和書籍から発売されました。
業種も業態も様々な27人の経営者がピックアップされています。

b0018441_1992954.jpg発行者曰く、「本当に良い商品やサービスは、作り手もやはり素敵で魅力的な人のように思います。」 中小企業で頑張っておられるそれらトップの素顔を紹介し、その魅力に迫っています。

構想があるとは前々から聞いておりましたが、本当に本になったのですね。おめでとう!! 早速明日天神で求めましょう。ご興味のある方は、ぜひご購入くださいませ。

詳しくはこちらをご覧ください。→本の紹介サイト



[PR]
by otomi_2 | 2009-06-01 19:09 | ◆本 | Comments(0) Topに戻る