<   2008年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
スカイマーク
b0018441_19245351.jpg


急用で東京に帰省しました。
歌舞伎座の前を通りましたので、あわててデジカメを取り出すも、シャッターがおりません。どうしても駄目なものは駄目。

SNKの10周年までは大丈夫だったのですが・・・
デジカメも休息がほしいのでしょう。・・・困っちゃうな!!
仕方がないので、携帯画像です。

初めてスカイマークを利用しました。
高度があがるときに耳が痛くて痛くて・・・

亭主は飛行機の大きさとは関係ないと断言します。
こんなに痛い思いをしない、なにかいい方法をご存じですか?

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-31 19:24 | ◆日々雑感 | Comments(4) Topに戻る
シニアネットフェスタ(設立10周年記念)
『シニアライフに彩りを!!』を合言葉に始まったシニアネット久留米のお祭りですよ~!! 場所は久留米の六角堂広場と六ツ門大学。
まずブログはカルメンさんのフラメンコで開幕です。おっ、イナバウアー!!
b0018441_1539859.jpg
九州シニアサミット・・・10:30~六ツ門大学

ホストは久留米。福岡・北九州・熊本・佐賀・大分の各シニアネットから大勢の方々がバス等でかけつけられ、有意義な会議が行われました。
久留米市長さんも見えて、ご挨拶をいただきました。午前中は小雨もパラつきましたが、午後には上がり、広場は来場の方々で盛り上がりました。

b0018441_13235395.jpg


模擬店。賛助企業の[おみその学校」「伊之助製麺」も参加です。

b0018441_13242955.jpg


ステージイベント・・・・・11:00~六角堂広場

私は受付ですから全部は撮れませんでした。<(_ _)>
可愛い!! 幼稚園児の「筑後酒造り唄」の踊りが大うけでした。

b0018441_1325921.jpg


おなじみのシャル・ウィ・ダンスのみなさん。

b0018441_13252577.jpg


展示・パソコンコーナー

写真は展示即売。初めてマイ名刺を作っていただいて、にこにこ顔の方。パソコン「なんでも相談」もあってました。
シニアネット熊本の方々と、ブログ交流。早速訪問しました。
「きままにデジカメ散歩」さん←シニアネット熊本のブログの先生です。

b0018441_13254614.jpg


そろそろ終幕です。

バナナのたたき売りで盛り上がり、そしてイベントのトリはジャズバンドです。私達もノリノリでしたね~。

最後に「青い山脈」を皆で合唱して、素晴らしいフェスタは幕を閉じたのでした。実行委員・会員の皆様、はるばるご来場の各シニアネットの皆様、本当にありがとうございました。

当日のみのお手伝いでしたが、ワクワク心躍る有意義なフェスタでした。
席が温まらなくて、受付のみなさ~ん、ごめんなさいね。(多謝)

b0018441_13261655.jpg
SNKはイベントのみ顔写真はOKとなっています。

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-27 13:26 | ◆シニアネット | Comments(4) Topに戻る
傾山UPしました。
鉾岳から2か月ぶりの山。
祖母・傾山系の主峰・・・傾山にやっと登れました。

岩峰の厳しい山容からの想像よりやさしい山でしたが、不安通り腿が痙攣してしまいました。やはり月1回は登っていないと、脚が山を忘れてしまいますね。

素晴らしい展望は動画でとってまいりましたが、静止画も貼りましたので、その画像の粗さを比べてみてください。山頂の感激を如何にしたら皆様にお伝えできるか・・・ 悩みつつ作成したHPです。

「こんなにいいお天気は珍しい!!」とリーダー。
珍しいお花にも出会えて、素晴らしい山行になりました。

b0018441_7251793.jpg→ 傾山のHP(ここをクリック)

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-21 23:12 | └山登り | Comments(5) Topに戻る
筝三絃尺八秋季演奏会
芸術の秋です。
韋駄天(?)の如く、大博多ホールまで一っ走り!! 勿論ママチャリですよ。

今日は邦楽の鑑賞です。
秋に因んだ曲をご紹介します。

筝四重奏曲 “秋”
宮城慎三作曲・菊南節子社中
これは素晴らしかったです。魂を揺さぶられるような十七絃にはじまり、箏1・筝2・尺八の重奏、意表を突く終わり方、拍手も鑑賞した中で一番大きかったですね。腕の筋肉をご覧あれ!! 結構演奏家は体育会系ですね。
b0018441_17451781.jpg

秋の言の葉
西山検校作曲・上田佳堂社中・坂本華玉社中
秋といえば、古典のこの曲。三絃が入らない純筝曲。前歌―手事―後歌と典型的な形です。
虫の音が砧拍子(七五調で書かれた十二文字を一つの節として、八拍子でうたわれる)に配してあり、秋の趣深い名曲です。
b0018441_19293372.jpg


最後に『ままの川』までを聞いて、ホールを後にしました。この曲では、三絃の三の糸がきれ、替え三味線を使って弾き継がれましたが、もし又この替え三味線の糸がきれたら・・・と余計な事を考えていました。

昔家元が、三の糸が切れたとき、二本の糸のみで最後まで弾いたという話を聞いたことがあります。細い絹糸ですから、伸びやすいし、切れやすいんです。人間国宝でしたから、そんな神業もありなんと思いつつも、その時の演奏をぜひ聞きたかった、いや見たかったですね。

総じて、最近の新曲の方が聴きごたえがありました。合奏はバランスが大事だと痛感しました。

そういえば、先日の友泉亭の折の河原さん親娘の『瀬音』・・・さすが息があって絶品でしたね。別名関東太郎ともいわれる利根川の暴れぶり、一転おだやかなせせらぎ・・・やはり宮城道雄の名曲ですね。
ご招待ありがとう存じました。
b0018441_10332310.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-19 17:04 | ◆日々雑感 | Comments(5) Topに戻る
P.S.アイラヴユー
最愛の夫から次々に届く”消印のない”10通のラブレター
まだホリーは夫の死が受け入れられない。
P.S. I love youで締めくくられる手紙に、やがてホリーは生きる力を取り戻していく・・・

出会いはアイルランド、愛を育んだ場所はニューヨーク。
いかにも「ブラダを着た悪魔」プロデューサーらしい仕上がり。
あなたの身近な人が、改めて恋しくなるそんな映画でした。

主人公の男女が、何ともセクシー。
枯れた年代には、少々気恥ずかしさが否めないが、20・30代にはおススメの映画かも。

卓球帰りには肩の凝らない、いい映画でしたよ。
フレンドリーのみなさん、間が悪くて残念でしたね。
明日からロードショーです。
b0018441_2013759.jpg

P.S. 画像はパンフからお借りしました。
予告編の「マンマ・ミーア」面白そう。メリル・ストリープですもの。
身銭きってでも見に行きたい!!

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-17 20:01 | ◆映画・ドラマ・芸術 | Comments(3) Topに戻る
ジャズライブの動画
動画は、いつもはUleadのVideoStudioで編集するのですが、今回はWindows付属のソフト・・・ムービーメーカーで編集してみました。

そしてテストとして、640pxでも保存してみました。なんと26Mbになります。
お好きな方のサイズで、御覧ください。ご覧になれない方は<(_ _)>

高画質(大)640×480px 26Mb

高画質(小)320×240px 10Mb
(筝)  河原 妙子   (歌)  小野 弥生
(ベース) 丹羽 肇   (エレクトーン、ピアニカ) 月岡 翔生子

筝がどのようにコラボされるのかが興味深かったのですが、さすが賢順祭でも奨励賞を受賞されるだけあり、幅広い活動をされている方のようです。
リンゴ追分は4人が即興のアドリブだったそうですよ。道理で・・・(^_-)-☆

夜風ですっかり体が冷え切ってしまって、帰りに素ラーメンを食べ、身も心も温もって帰宅したことでした。今年で3回目のこの観月会、来年は連れ合いを誘いましょう。
b0018441_1465228.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-15 13:49 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
キッコウハグマ(亀甲白熊)
登ってきましたよ~!! 念願の傾山。
早朝4:30博多駅集合、家に帰り着いたのは夜11:00ジャストでした。

半日はバスの中。日帰り登山にはあまりにも遠すぎる山ですが、
晴天にも恵まれ、収穫もバッチリ。

今回のお花は、『キッコウハグマ』です。
葉は映っていませんが、形を亀の甲羅に見立てて亀甲、ハグマは白熊で、花の形が「白熊」の毛に似ていることに由来した名だそうです。
b0018441_12284587.jpg

最初コウヤボウキかな?とも思いましたが、やはり違いましたね。
例によって、HPは後ほど。展望は動画で撮ってまいりました。

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-14 12:28 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
友泉亭のジャズライブ
十三夜の今宵、友泉亭で観月会がありました。

日が落ち、暗闇の日本庭園は竹灯篭の灯りが道案内です。
まず抹茶の一服でのどを潤し、回遊式の池泉を見渡す広間へとすすみます。
幻想的な空間で、今宵はジャズライブの催しです。

千人ほどの人々で庭園は満員でしたが、素敵なセッションに酔いしれました。
動画はまた後日。画像は動画からキャプチャーしたものです。

b0018441_0241754.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-11 17:15 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
博多塀

聖福寺の格式の高い5本線の入った塀は、内側から見ると博多塀だとよくわかります。
b0018441_12483354.jpg

秀吉による太閤町割りの時、神社・仏閣や豪商の屋敷の土塀は、兵火による焼け石・焼け瓦を粘土で固めて造られました。それを私はリサイクル塀と呼んでいます。

今内側からみると、左の塀の修復が行われていて、崩れた下地が見えるのがとても興味深く感じられました。

b0018441_21274235.jpg


そしてゆっくりと境内を見渡すと、方丈の入り口の芝生のヘリ、奥の僧たち使用の納屋(?)への通路などにも、瓦が使われていましたね。

さりげなく、しかもアクセントのある美意識に唸ってしまいました。
次はどんな発見があるのでしょうか? 楽しみです。

[PR]
by otomi_2 | 2008-10-07 21:27 | ├歩こう会 | Comments(4) Topに戻る
仙厓さんと七日間
博多寺町の中で私が一番心惹かれる禅寺・・・聖福寺。
今、歴代住職の中で最も有名な「博多の仙厓さん」を偲ぶ
七日間が開かれています。

b0018441_2149649.jpg


洒脱な禅画、ウィットに富んだ詩句。普段は拝観できない方丈の間でそれらを拝観し、茶席でお抹茶をいただき、心静かに観音経を写経してまいりました。

b0018441_2157388.jpg


b0018441_2158155.jpgいつ訪れても期待を裏切らない、なんとも風格のある禅寺です。

最終日の明日は、午後2時からコンサートがありますよ。
久し振りにいかがですか?


お月様 
   幾ツ 
     十三七ツ


  参照 美の巨人たち


[PR]
by otomi_2 | 2008-10-06 19:48 | ├歩こう会 | Comments(2) Topに戻る