<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Topに戻る
SASTIK2つづき(緊急投稿その6)
・USBにSASTIK2をさすと、マイコンピューターには下のように表示されています。↓
b0018441_19473941.jpg
b0018441_1941652.jpg・すぐ>>>Now loadingが始まり、パスワードを入力する画面がでますから、入力すると認証は終わり。

・デスクトップ右端(ガジェットが出る場所)にツールバーが出ます。タスクトレイをWクリックでも出ます。

・「いつでもメール」の仕様はほとんどOutlookExpressと同じ。sastikから 新たにメールアドレスをゲット。いつものメールアド(私はso-net)は、選択→プロバイダーのパスワード入力して使えます。

・「アドレス帳」もエクスポートしてOEと同じ感覚で使えます。ただしグループ分けまではエクスポートできませんでした。(^^ゞ

・「どこでもフォルダ」は25Mbしかありませんので、大事な丸秘情報をいれておくといいですね。

・「☆お気に入り」はインターネットエクスプローラのお気に入りをエクスポート。勿論新たにも設定できます。

・「Post-Bit」は、忘れないように付箋が出ます。文字色・背景色の色分けも可能。
b0018441_20364362.jpg


・終了はSastikを終了。いつものようにハードウェアの安全な取り外しから行います。

とまぁ粗くですが、イメージをつかめていただけましたでしょうか?

[PR]
by otomi_2 | 2007-10-09 19:40 | ├PC関連 | Comments(3) Topに戻る
SASTIK2をゲット。(緊急投稿その5)
b0018441_23484341.jpg野次馬根性のノリでSASTIK2を買うてしまいました。

本日の説明会での第一印象。
セキュリティが2重にかかったフラッシュメモリーにYahooやGoogle等のWeb メール機能やフォルダが付いた様な感じです。

まずインターネットに接続されたPC(これが前提条件)のUSBに、SASTIK2を挿します。

ホテル・ネットカフェなどで安全にインターネット。
SSLとSASTIKデバイスのパスワードで2重にロック。

メール・アドレス帳・お気に入りなど自分仕様で使える。(ノートパソコンの持ち運びの必要なし) OEのアドレス帳・IEのお気に入り等をエクスポートできる。

データはドラッグ&ドロップで、簡単保存。重要なファイルは、落としてもセキュリティで安全。見られる事なし。

Post-Bitという備忘録の付箋紙が使える。シニアには嬉しい機能。

本体税込み3980円(参考価格)。ストレージ容量25MB。メール容量6MBまで使用料は無料。

6
SASTIK2を失くしてしまった!! でも大丈夫。再発行してくれます。

プラス毎月472円で、2GBのストレージにUP。

7
家にSASTIKⅡを忘れてきても大丈夫。cocoaギガストレージにアクセス。ファイルを取り出せる。

その他写真集、データのバックアップ等の活用もありますよ。

でも、なんで私これを買ってしまったのかしら?
VISTAが買えない腹いせ??
とりあえず韓国のチェジュ島から、SASTIK2を使ってメールしますね~。
お楽しみに。

以上、これにて又しばしパソコンの前は留守にします。ブログ・スカイプの方はごめんなさい。
今度はハンラ山の写真とともにお会いしましょう。



[PR]
by otomi_2 | 2007-10-04 23:03 | ├PC関連 | Comments(2) Topに戻る
応援歌(緊急投稿その4)
      みつお
     
長い人生にはなあ
どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ
ならぬ道―
てものがあるんだな

 
そんな時はその道を
黙って歩くことだな
愚痴や弱音をはかないでな

 
黙った歩くんだよ
ただ黙って―
涙なんか見せちゃだめだぜ!!

 
そしてなぁ その時なんだよ
人間としての いのちの根が
ふかくなるのは・・・・・・

[PR]
by otomi_2 | 2007-10-03 20:21 | ◆日々雑感 | Comments(4) Topに戻る
ふるさと探検(緊急投稿その3)・・・ちょっぴり報告
筑後地方のふるさと探検も11回目を迎えました。
今回は筑後の南部・・・柳川と大牟田を訪問しました。

柳川は定番の船下りを止め、敢えて川沿いの道をウォーキング(予算の関係?)して、周辺の歴史・文学碑を巡る散策でした。観光ボランティア付きで陸からの逆の視点も興味深かったです。
b0018441_13505334.jpg

大牟田は万田抗跡の見学でした。いま女流監督熊谷博子のドキュメンタリー映画・・・『三池 終わらない炭鉱(やま)の物語』が話題になっている折柄、タイムリーな企画でした。朽ち果ててはいますが、いまだ重厚な設備は昔の栄華を彷彿とさせ、歴史の観点からも貴重な国指定重要遺産と感じました。

あら、炭鉱の象徴・・・ボタ山は? ここでは海の埋め立てに使われてありませんという説明でした。(→これに関し貴重なコメントをいただきました。)
b0018441_1352212.jpg

昼食は、大牟田の旧三井港倶楽部で洋食。門司レトロと遜色なく、旧三井の贅を尽くした建物でリッチな雰囲気のランチを楽しみました。
b0018441_13511988.jpg

又一つ、福岡県が私のものとなりました。
ご案内に深謝。

★映画「三池・・・」で元炭鉱マンらの生の足跡をたどった熊谷監督は、「三池の人々の歩みには日本の歴史が凝縮されており、次の世代に伝える意味を感じている」と語っています。

[PR]
by otomi_2 | 2007-10-01 01:23 | ├ふるさと探検 | Comments(6) Topに戻る