カテゴリ:└山登り( 117 )
Topに戻る
倉木山リベンジ
由布岳対面の山・・・倉木山。
前回歩こう会では雨だったので、初秋の今日リベンジ。

登山靴も新調して、Let's go!!
さて、いつものずっこけ3人組は、無事登頂できたのでしょうか?
b0018441_22542681.jpg

爽やかな快晴に恵まれ、気持ちの良い山行でした。
倉木山の頁に追加しました。⇒ クリック




b0018441_21362593.gif

[PR]
by otomi_2 | 2015-09-24 21:37 | └山登り | Comments(2) Topに戻る
篠栗の紅葉巡り
久留米の山仲間と篠栗の紅葉巡りです。
先週辺りがベストだったのでしょうが、高良山巡りウォークがありましたしね。終わりがけの紅葉となりました。

以前歩いた札所巡りコースも記憶が途切れがち。遍路道を逃したり、ダム湖を遠回りしたりと、予定通り(?)のずっこけ隊。

でもそれなりのもみじ狩りができ、楽しかったです。
デジブックで纏めました。ご笑覧ください。
埋め込みのデジブックをご覧になれない方はこちらからどうぞ。(←クリック)






[PR]
by otomi_2 | 2014-11-26 00:02 | └山登り | Comments(2) Topに戻る
山の品格
深田久弥の日本百名山に対しては賛否両論がありますが、山登りの一つの指標にはなり得ましょう。

久弥は日本の多くの山を踏破した経験から、「品格・歴史・個性」を兼ね備え、かつ原則として標高1,500 m以上の山という基準を設け、『日本百名山』を選定したそうです。

それに対して、当地九州には、「山と渓谷社」が選定した九州百名山があります。こちらは10年ごとに見直しがされ、1/4程度が入れ替わります。地元で愛されている山・これから登ってほしい山などが紹介されています。

久弥の「山の歴史・個性」はわかるのですが、『山の品格』とは一体なんでしょうか??
人に人格があるように、山にも山格がある。誰が見ても立派な山だと感嘆する山であることを、第一の基準としたそうです。
確かに九州における日本百名山をみると
095 久住山
096 祖母山
097 阿蘇山
098 霧島山
099 開聞岳
100 宮之浦岳
100番目の宮之浦岳にはまだ登っていませんが、それぞれ展望も素晴らしく、立派な山々でした。でも阿蘇山・霧島山はありませんね、どちらも外輪山を含めた連峰の名です。たとえ百名山に入っていなくてもいい山は沢山あるような気がしますが・・・

半月板を壊してから早や3年も経ちました。久しぶりに歩こう会で倉木山に登ります。1160m、お花の綺麗な山だそうで楽しみでもあり、ちょっぴり心配でもあります。お天気になるとイイナ。(祈)

九州百名山の山容です。下の小さい画像をクリック⇒説明文が出ますよ。
[PR]
by otomi_2 | 2014-06-10 19:39 | └山登り | Comments(4) Topに戻る
富士山世界遺産登録おめでとう!!

あたまを雲の 上に出し
四方の山を 見おろして
かみなりさまを 下に聞く
富士は日本一の山


やっとやっと世界遺産に登録されましたね。日本といえば・・・フジヤマ・ゲイシャと外国人には認識さていたように(←えっ、もう古い?)、日本を象徴する山であることは周知の事実です。

しかし近年の富士登山はイモ洗いですね。私が3度目に家族と登ったのは、平成2年。いまから23年前のお盆休みでした。まだのんびりした登山を楽しめました。よかったら、ご覧ください。(家族総出演ですから、期間限定公開です)

「日本一の富士登山」

「パワーポイントでマルチメディアコンテンツを作る」というテーマで、初めてPPT2002を習った時の素材に取り上げました。使い捨てカメラのネガを持って行き、カメラ店でCDにデジタル写真として落としてもらったもので作成。

ご覧になる時、マイクロソフトから「アドオンをインストールしようとしています。」というメッセージが出た方は、インストールなさってご覧ください。最初に左のアウトラインをクリックで消すか、右のスライドショーでご覧ください。昔の課題作品で少々不出来でごめんなさい。040.gif

【追加】もし余りにレイアウトが崩れる方は、アドレスバーの右手の互換表示(赤丸)をクリックなさってみて下さい。
b0018441_192661.jpg

あるいは、右クリック→互換表示です。




b0018441_15414616.gif


[PR]
by otomi_2 | 2013-06-27 20:40 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
博多千年煌夜(11/24)
山登り仲間と今回は趣向を変え、夜の博多の神社仏閣をウォーキング。
恒例の博多ライトアップウォーク2012「博多千年煌夜」です。

ライトアップされたのは櫛田神社・東長寺など計8会場。承天寺は長蛇の列でなんと1時間待ち。泣く泣く割愛して東長寺へ。YouTubeにたくさんUPされていますので、そちらでお楽しみください。

「旬」でお食事

b0018441_2462414.jpg
まずはウォーキングの前に腹ごしらえ。ここは自然食レストランです。

以前はご飯(黒米・餅キビ米・青玄米)・漬物はビュッフェ式でしたが、今はウエイトレスが給仕。

付きだし3品は写真撮り忘れ。勿論コーヒーも付きますよ。1,800円でした。
パソコンや日本百名山の話が弾んで100円バスに乗り遅れ。「大した距離でもないから歩きましょうよ」と頼もしいお言葉。さすが健脚揃い!!

櫛田神社

出発点はお櫛田さん。博多の総鎮守さまですから、当然ですよね。
この日は拝殿の中まで参拝できました。四方八方天狗だらけ。
ライトアップは、枝も栄ゆりゃ葉も繁る櫛田の銀杏ぎなんに博多塀。

b0018441_12103152.jpg

承天寺

仏殿と、東流の傾奇者かぶきもの前田慶次の山笠。庭園は割愛。

b0018441_1217752.jpg

東長寺

本堂と五重塔のライトアップがとても素敵でした。六角堂の仏像が
特別に拝観できラッキーでした。何より待たないで良いのが案内人と
致しましてはホッといたしましたね。

b0018441_12225159.jpg

順心寺

紅葉と前庭のライトアップが素敵でした。承天寺もさぞかし・・・007.gif

b0018441_12331541.jpg

円覚寺

今回初めて参加のお寺だそうです。今は聖福寺の塔頭寺院。
福岡藩士立花実山直筆の「南方録」が伝承されており、南方流の茶道と禅の道場として知られているそうですが、歩こう会では素通りだったような・・・
ここは今一度昼間に拝見したいお寺です。

b0018441_19374598.gif

博多小学校では竹灯篭のライトアップ。ここから15分「速足で歩きましょう」とえらい鼻息の案内人(^_^;)。ところが照明は9時justに落ちたのですね。真っ暗でした。

天神駅まで勿論歩いて帰り、12,000歩のウォーキングでした。
1年ぶりの4人での再会。集合場所の思い違い・メインの承天寺の割愛・博多小学校の時間切れなど、いつものズッコケがふんだんに盛り込まれて、また思い出深いウォーキングとなりました。皆様お疲れ様~!!

※今回Wordの図形にはめ込んで小さく纏めてみました。圧縮されすぎて余計ボケボケの画像になりました。我慢の限度を超えていますが、備忘録として良しとしましょう。来年こそは動画で。

b0018441_2041172.gif

[PR]
by otomi_2 | 2012-11-27 02:46 | └山登り | Comments(2) Topに戻る
その2・・・観音の滝~嘉勢川ダム(10/10)
折角ですから、日本の滝百選にもえらばれている「観音の滝」に寄りました。水量たっぷり、清めの渕、生目観音、こがくれの渕沿いに散策。
b0018441_22382339.jpg

こちらは、イヌホウズキ、ヤマハッカ、ピンクのゲンノショウコでした。
b0018441_22572953.jpgb0018441_22575839.jpg


b0018441_22584874.jpgb0018441_2304623.jpg


最後に「嘉勢川ダム」にも寄り、平成24年3月完成予定の景観を眺めてきました。80%の湛水で小島には渡れそうもないですね。道の駅ならぬダムの駅ができていました。
b0018441_2319723.jpg

チトンフッド、オゾンを浴び、おしゃべりもたっぷり出来て、お陰さまで心身ともリフレッシュできました。やはり持つべきものは友なり。多謝!!

[PR]
by otomi_2 | 2011-10-16 23:37 | └山登り | Comments(2) Topに戻る
その1・・・樫原湿原(10/10)
ちょっと見にはわからんでしょうが、鬱屈した日々。
山友から、山でなくても高原とか湿原とか、高低差のない所を散歩気分で出かけましょうとのお誘い。

念のため登山靴にリュック。2本ストック。このまま山に行きたい衝動に駆られて困りました。
b0018441_15154945.jpg
行き先は樫原かしばる湿原です。ここは自然環境保全地域特別地区に指定され、約60種類の珍しい湿原植物が保護されています。
九州の「尾瀬」ともよばれているそうですよ。ほんの12万平方メートル足らずの湿原は、サギソウが終わってとても静かでした。

b0018441_15512452.jpg

湿原にはブルーのサワギキョウが清楚な美しさを湛えていました。
下は左から、ウメバチソウ、ミヤマクルマバナ、キッコウハグマ、アザミ、ヒツジグサ、ノコンギク、カキツバタ、ミゾソバ、サイヨウシャジン、最後は秋の七草のフジバカマです。

b0018441_15583099.jpgb0018441_1559697.jpg


b0018441_15594056.jpgb0018441_1601622.jpg


b0018441_1604991.jpgb0018441_1611914.jpg


b0018441_16172729.jpgb0018441_20554989.jpg


b0018441_12392531.jpgb0018441_12395033.jpg


To be continued・・・

[PR]
by otomi_2 | 2011-10-16 22:34 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
花の名は・・・スズシロソウ
SNKのレトロ河口さんから、レスがありました。
> めずらしい花です。シコクハタザオと思います。
こばちゃんからもコメントあり。
>スズシロソウでは?
b0018441_237435.jpg


シコクハタザオ(四国旗竿)
アブラナ科 ヤマハタザオ属。高さ20cm前後。根出葉はへら形、
茎につく葉は長楕円形。花は白色。フジハタザオの変種で、
それよりも全体に大きく根出葉の柄や角果が長い。

四国の山々に咲く花で、九州は分布の南限域で、個体数は少ないそう。
花が咲いている様を旗竿に見立ててつけた名前のようです。


スズシロソウ(蘿蔔草)
アブラナ科 ハタザオ属。谷筋などの急傾斜地や崖などに生える。 
根生葉は倒卵状のへら形で長さ15~20cm。 総状花序を出し、
白い花を咲かせる。 花弁は4枚。

名前の由来は、花がダイコン(蘿蔔)の花に似ているためだそう。

◇「スズシロソウ 鋸山」で検索したら、数頁にヒットしました。
スズシロソウで解決です。皆様お世話様でした。

[PR]
by otomi_2 | 2011-04-17 18:50 | └山登り | Comments(2) Topに戻る
可愛岳UP
3月13日に登った可愛岳のHPをやっとUPしました。
東日本大震災の直後で、作る気が失せていたからでした。

西郷隆盛が可愛岳を越え、官軍の包囲網を突破して鹿児島へと逃れた、歴史ある山です。「えのだけ」と呼びます。
山頂から望む、行縢山方面の残像ばかりが強く心に残る山行でした。

「可愛岳HP」
b0018441_19155361.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2011-04-09 19:15 | └山登り | Comments(0) Topに戻る
田原山UP
バキバキバキ~、ガシャン!!
ママチャリに乗ろうとした時でした。
右膝が粉々に砕けるような感じでした。「痛っ!!」

田原山に登って4日目のことでした。
行程3時間の軽い山のはずが・・・
体に残った痕跡は、とてつもなく大きいものでした。

別名鋸山。
山はなめたらいかんぜよ~!! ⇒「田原山HP」をどうぞ。
b0018441_1320465.jpg
件の音は、固くなった半月板の音でした。
忙しくて、準備不足でした。反省。042.gif

[PR]
by otomi_2 | 2011-04-03 13:21 | └山登り | Comments(0) Topに戻る