カテゴリ:└楓樹荘( 7 )
Topに戻る
**霧氷について**
霧氷について整理しておきましょう。

*霧氷(むひょう)
  霧氷は過冷却した雲粒や霧が樹木に衝突してできる
  氷や霜などの総称で、3つに分かれる。

   1) 樹氷(じゅひょう)と呼ばれ気温が
     氷点下5度以下の時にできる白色不透明な氷

   2) 粗氷(そひょう)と呼ばれ
      気温が0度に近い時にできる透明または不透明な氷

   3) 樹霜(じゅそう)と呼ばれ主に晴れた夜、
      気温が氷点下5度以下のとき樹木などにつく霜

*要するに、樹氷は霧氷の一種ということですね。

[PR]
by otomi_2 | 2005-02-15 17:01 | └楓樹荘 | Comments(0) Topに戻る
冬の楓樹荘(本編)・・・沓掛山の霧氷
霧氷と樹氷の違いは?
辞書も引いたりして、みんなで議論しましたね。

やっとHPが出来ました。
写真はたいしたことありません。が、自分のための備忘録ですので、
よしとしましょう。

山の名前がちがっていたら、ご教示くださいね。
こちらからどうぞ。 →ENTER

[PR]
by otomi_2 | 2005-02-15 01:48 | └楓樹荘 | Comments(3) Topに戻る
冬の楓樹荘(2/10、11)・・・予告編
昨年の11月に続いて、またまた楓樹荘にお邪魔しました。
「うまかもん」「山歩くらぶ」「温泉同好会」「動画編集講座素材」と
欲張りお富は4兎を狙って、冬の九重を楽しんでまいりました。

本編は、只今鋭意制作中。
この感動をどのように表現したらよいのでしょうか!!

こんなことをして
b0018441_1363439.jpg


こんなものを見てb0018441_1382873.jpg

こんな「棚からぼた餅」でした。b0018441_1292812.jpg


同行の吉本系メンバーです。(クリックで拡大)
沓掛山の霧氷
     楓樹荘はやみ付きになりそうです。本編をお楽しみに。


[PR]
by otomi_2 | 2005-02-12 11:52 | └楓樹荘 | Comments(0) Topに戻る
大船山やっとUP(1/7)
昨年楓樹荘もみじ狩りの折登った大船山のHPを、やっとUPしました。

紅葉の大船林道、1700m級の九重の山々にかこまれた盆地・・坊がつる。
表現に迷い年越ししてしまいました。結局、またジャバスクリプトでUP(汗)。

かなり重いですが、お暇な方はどうぞご覧くださいね。 
ENTER

[PR]
by otomi_2 | 2005-01-07 15:08 | └楓樹荘 | Comments(0) Topに戻る
鳴子川ともみじ(楓樹荘つづき)
b0018441_21203212.jpg
帰ってきてデジカメ画像をパソコンに落として、少し気落ちしています。目に焼き付けた紅葉との落差に・・・絶句。全体にアマピンです。
暇を見つけて、本当にデジカメ撮影の勉強が必要ですね。

【一日目】
b0018441_22404011.jpg
13名のシニアが4台の車に分乗して
山田サービスエリアで合流。
9時頃には予定通り楓樹荘に到着。
オーナーさん、お世話になります。

自己紹介後、早速大船山登山組と
散策組に分かれて行動開始

b0018441_20111326.jpg
写真はMs.オリエンテーリングさんからいただきました。

b0018441_8231780.jpg
坊がつるから見上げた大船山。えっ、登るのはうっすら見える直登コース? いいえ、左からの稜線ですよ。詳しくはHPで。

無事登頂後は、温泉で汗を流し、だご汁と一品持ち寄りで豪華な夕食。
歓談後は、テラスで星空鑑賞。みんなで布団にくるまって、合唱しましたね。

童心にもどったかと思えば、すぐ話が下がったり、俳句もあれば、英語の歌も飛び出し、シニアらしい年輪を感じる色々な顔が垣間見えました。また流れ星にもしっかりお願いしましたよ。

【二日目】
男性軍準備のおしゃれな朝食(パン)をいただき、散策へ。
まず、雄大な黒岳を眺め・・・・ここの山肌の燃えるような紅葉は特に素晴らしいとか。私たちは目にすること叶わず。
b0018441_23465088.jpg
次は白水水源のぶな美林散策へ。
b0018441_23202121.jpg
b0018441_23493698.jpg
最後は男池です。この根っこにパワーをもらいました。
b0018441_23501939.jpg
b0018441_023598.jpg
昼食は森林浴をしながら、外で。
いろいろな持ち込み食材を綺麗に
平らげましたね。

乾杯!! お疲れ様でした。
皆様お世話になりました。

またいつの日か、再見!!


【余禄】
解散後、車主のご好意で私たち三人娘は九酔渓経由、なんと大宰府の光明禅寺へ。少し早い紅葉を楽しみました。
その後天満宮で家内安全を祈願し、充実した二日間の紅葉狩りの旅は、幕をおろしたのでした。
b0018441_00339.jpg

[PR]
by otomi_2 | 2004-11-06 21:19 | └楓樹荘 | Comments(4) Topに戻る
楓樹荘紅葉狩り・・・素晴らしかったですよ。(11/4・5)
b0018441_046352.jpg
SNK会員がオーナーの九重の楓樹荘へ一泊二日でお邪魔しました。
2日間とも晴天に恵まれ、晴れ男安さんの面目躍如!!
そこかしこの紅葉狩りを楽しみました。

もちろん大船山にも登ってきましたよ~。HPお楽しみに。
おいおい模様はブログにUPします。今宵は疲れ気味ゆえここまで。

[PR]
by otomi_2 | 2004-11-06 00:52 | └楓樹荘 | Comments(2) Topに戻る
もういくつ寝ると、楓樹荘紅葉狩り♪
早いもので、もう11月ですね。

11/4・5に九重の楓樹荘にシニアネット(SNF/SNK合同)のお仲間と出かけます。登山組と散策組に分かれて、それぞれの秋を楽しみます。

登山組は、坊がつるから、大船山を登り、帰りは暮雨の滝に遊ぶ。
散策組は、大船林道口まで、登山組に同道。その後は、榎木孝明美術館
や、合いの瀬茶屋、飯田高原湿原散策路などで、秋を愛でる。

どちらにも参加したい。でも身はひとつ。
結局登山組にお願いしました。山は元気な時でないと登れませんので。

もういくつ寝ると・・・  おっと、その前にメルパルクの恥かきチンドン
ステージがあるのでした。 エネルギーが持つかいな??
MIDI三人娘(もちろん昔)で楽しんできま~す。

[PR]
by otomi_2 | 2004-11-01 17:31 | └楓樹荘 | Comments(0) Topに戻る