カテゴリ:├アーカイブ( 6 )
Topに戻る
デジタルアーカイブ(電子図書館)・・・その5
今日は、新しくデジタル化された本・・・「田中吉政公とその時代」の紹介です。今回は、アーカイブメンバー(過去記事)のYukaさん・sumireさん・setuさんのたった3人で、ぱっぱっぱと完成されました。

お手伝いできなかった私には、そう見えましたが、実はやはり大変だったようです。活字が大好きな方々ばかりで、素晴らしい作品に仕上がりました。

電子図書館の管理人、Ms.morningさん曰く、「これは平成14年10月、『田中吉政公と慶長本土居築堤四百年記念祭』に発行された冊子の中の、半田隆夫氏執筆の部分をデジタル化したものです。

石田三成を捕えた功により、柳川城主にとなった吉政公の人となり、その時代背景や三成が捕らえられた時の情景など、面白い内容です。

吉政公は今風に言えば、公共事業に力を注いで筑後のインフラを整備し、
以降の筑後の発展に寄与された・・・となるかも知れませんね。

お暇と関心のある方は、じっくり読んで、
お暇と関心の無い方も、拾い読み、斜め読みをどうぞ。」との事。

まあ、とりあえずクリックしてみてつかぁさい。

[PR]
by otomi_2 | 2005-05-11 01:55 | ├アーカイブ | Comments(2) Topに戻る
デジタルアーカイブ(電子図書館)・・・その4
3月いっぱいは、アーカイブのyukaさん、sumireさんが水曜日に初心者対象のCSS補講講座をして下さってます。

その3の記事のナンバーの色は、その講習で使った”darkkhaki”です。カーキ色=国防色のイメージが強くて、ずーっとどんな漢字を書くのかしらね~と思っておりました^^;。
実は敵国(?)の英語だったんですね。

大地の色・・・素敵な色ですね。どこかのHPで使いましょ。

[PR]
by otomi_2 | 2005-03-11 20:18 | ├アーカイブ | Comments(0) Topに戻る
デジタルアーカイブ(電子図書館)・・・その3
今日は、アーカイブの話し合いの日でした。
今は田中吉政公の本のデジタル化に取り組んでいます。
簡単に作業の流れを申しあげますと、

 まず担当者で、本の担当頁を振り分ける。

 本をスキャナーで取り込み、OCRでテキスト化(メモ帳or秀丸)。
    OCRソフト・・・ETypist 
    みなさんは、画像として取り込まれることが多いと思います。

 テキストの校正(1.2回目)。OCRの識字率は90%ぐらいかしら?
 いつもいつも同じ文字を間違えるのが器械らしくて、あなおかし。
    学習してくれたらね~。人を替えて交換校正(3回目)。


 これに平行して責任者がCSSでレイアウト作り。ココが腕の見せ所。

 担当者がレイアウトにテキストを貼り付ける。

 レイアウトの画像・表・グラフを最適な位置に挿入し、細部に渡って
 レイアウトを整える。これがすべてタグだから一番大変。
    だが同時に醍醐味を味わえるところ。

 プリントアウトして校正(4回目)→訂正→確認。交換校正(5回目)。


だいたい一冊の本に、半年以上かかります。
苦労した分、UPされた時の喜び・充実感はひとしお。
だからこそ、又頑張れるのでしょう!!(産みの痛みはいずれも同じですね)

[PR]
by otomi_2 | 2005-03-09 21:33 | ├アーカイブ | Comments(0) Topに戻る
デジタルアーカイブ(電子図書館)・・・その2
今日はアーカイブのメンバーを紹介いたしましょう。
侃々諤々と議論しながらも、ティータイムは笑顔。
家では皆、粛々と作業しているはずです。
あ~ぁ、疲れた!! tableタグが使えたらね~。

須佐先生

ja-mwat御大

yukaさん

Ms.morning

setuさん

sumireさん

chusan

Mr.kenji

otomi

先生発案の企画本が多い。
SNK理事長、両MIDI教室、ご自分の音楽教室と、
八面六臂の活躍に、若輩者は頭が下がります。

HPのセンス抜群。CSSを駆使してレイアウトを作る。HardもSoftも強い。麻雀も強い??
4月からJavaScriptを教えて下さるそうで、楽しみ。

とにかく手が早い。といってもパソコンの事ですよ。
なんでもござれの頼りになるお姉さま。
必殺仕事人。

いつも理路整然と、筋の通らない事は大キライ!!
仕事きっちり。
TOPページは彼女の担当です。さすがです。

「校正のことなら、おまかせくださりませ。」
役割分担など、マネージメントの名人。
いつもお世話になります。

山歩くらぶのサポートもされていた花博士。
そのソフトな笑顔には癒されます。
「大城村郷土読本」の責任者。

いつも沈着冷静。
くすっと笑えるメールが、まさにほっとメール。
アーカイブの居心地は、意外にいいのかも。

一日に玄米4合と、味噌と少しの野菜を食べ…ている
かどうか知りませんが、いつも静かに笑っている。
新戦力の加入で期待大。4月から登場?

アカデミックな雰囲気をいつもぶち壊す張本人。
御大にツッコミをいれては、叱られてます。
いつもうるさくて、すみませ~ん。




[PR]
by otomi_2 | 2005-03-01 12:21 | ├アーカイブ | Comments(4) Topに戻る
電子図書館(デジタルアーカイブ)について・・・その1
今宵はSNKの電子図書館について、お話したいと思います。

私は、福岡市在住ですが、最初にシニアネット久留米(SNK)に入りました。西鉄で1本でいけること、亭主が高校時代をすごした福岡県第三の都市を見てみたい、そしてPCと山とダンスをやりたい・・・なんて希望をすべて実現してくれたのがSNKです。

SNKの合言葉は「奉仕されるより、奉仕しよう!!」です。
頻繁には久留米に足を運べないので、私でも出来る奉仕は?
ということで、デジタルアーカイブ班に所属しました。

アーカイブ班は、世の中から忘れ去られた本や、図書館や家庭で眠っている貴重な本をデジタル化し、「電子図書館」としてインターネットで読めるように公開しています。

その他、筑後川・矢部川流域歴史探訪、神仏閣、文化遺産、祭、伝統芸能、筑後三十三ヶ所観音霊場などの取材とデジタル化も、これは会員総動員でやりました。

この度、『電子図書館』のTOPページを一新しました。
さぁ、どうぞ扉を開け、お好みのデジタル本をご覧下さいますように。

[PR]
by otomi_2 | 2005-02-28 19:45 | ├アーカイブ | Comments(3) Topに戻る
焼鳥日本一フェスタへ行ってきました。(9/4)
b0018441_11421438.jpg
焼き鳥日本一久留米の人気店が大集合して、久留米六角堂で焼き鳥の祭典が開かれました(今年で2回目)。
みそだれで有名な東松山市(埼玉県)からも応援出店。アーカイブの皆さんと舌鼓をうってきました。いや~、すごい熱気!! メディアの宣伝効果抜群。

[PR]
by otomi_2 | 2004-09-05 11:49 | ├アーカイブ | Comments(0) Topに戻る