<< 今日は半夏生 ジャカランダウォーク・・・デジ... >>

「影ぞ恋しき」
6/23から、西日本新聞小説の連載が新しくなりました。
ご当地作家・・・葉室麟の「影ぞ恋しき」という時代小説です。
お馴染みの剣の達人、雨宮蔵人が登場します。連載小説は親鸞以来です。まだ3回ですが期待が持てそうですよ。

画は西のぼる。数多くの時代小説の挿絵、装丁を手がけるベテランのようですが、当然の事ながら私は知りません(苦笑)。こちらも楽しみにしましょう。
作者談
タイトルは、古今集にある紀貫之の和歌からとった。影ぞ恋しき、とは亡くなった大切なひとを慕わしく思い出すということだろう。その気持ちは年齢を重ねるにつれ、わたし自身深くなっている。そんな胸の裡にある思いを小説として伝えたい。(西日本新聞HPより)
連載小説の上の欄が、松本零士の「聞き書きシリーズ」なのが又嬉しいですよね。(^_-)-☆

早寝・早起きの良き習慣となりましょう。(といっても、もう午前様)
皆様、お休みなさい。↓木の名前がお分かりの方はご教授ください。
b0018441_0462512.jpg
サワグルミと分かりました。Thanks.

[PR]
by otomi_2 | 2016-06-26 00:13 | ◆日々雑感 | Comments(0) Topに戻る
<< 今日は半夏生 ジャカランダウォーク・・・デジ... >>