<< 山の品格 恵光院の菩提樹の花 >>

筑紫賛歌
九州交響楽団にご縁があり、今回はシンフォニーホールで「筑紫賛歌」を鑑賞。ご存じ團伊玖磨作曲、犬塚暁作詞の合唱とオーケストラのための組曲です。ソプラノ・・・佐藤しのぶ、バリトン・・・勝部太も加わって筑紫の国を壮大なスケールで歌いあげていました。

この合唱隊の前列で頑張って歌っていたのが友人。フラウエンコール南というグループに所属し、今年は「筑紫賛歌」を一生懸命練習されたそうです。
b0018441_1852538.jpg

聞きなれた「筑後川」同様大作ですね~。
オーケストラは、元気の良い九響。もう音響がすごくて、まだ体に余韻が残っています。そうそう指揮は佐藤しのぶの旦那様、現田茂夫です。
團伊玖磨は九州をテーマに多くの合唱曲を作曲しました(50曲もの)。福岡市の市政百周年を記念し、KBC九州朝日放送が市に献呈した「筑紫賛歌」は晩年の大作で、古の東アジアとの交流を壮大なスケールで描いています。合唱と独唱、管弦楽で描き出される一大叙事詩です・・・プログラムより。

時が経つと、送った方も送られた方も人が変わり、そのいきさつすら後任の人に伝わっていない状況が続いていたそうです。次の課題は若い方たちを巻き込んで、後世に歌い繋いでいくことと事務局の方はおっしゃっていました。

私も歌いたい!! 甲状腺を手術してから、高音がすっかり出なくなりました。昔はうぐいす嬢だったのにね~。今は歌を忘れたカナリヤですばい。
b0018441_19115364.jpg


[PR]
by otomi_2 | 2014-06-09 19:13 | ◆シニアネット | Comments(2) Topに戻る
Commented by taminamikawa1 at 2014-06-12 19:42
灯台下暗しで、地元の大作曲家である
團伊玖磨作曲の「筑紫賛歌」について、
知りませんでした。
機会があったら、聴いてみたいものです。
Commented by otomi_2 at 2014-06-12 21:32
いつもお忙しい中、コメントいただき恐縮しています。
こちらは無愛想でごめんなさい。ほどほどで結構ですよ。

これもシニアネットがらみです。いろいろと刺激をいただいて
行動範囲が広がります。
<< 山の品格 恵光院の菩提樹の花 >>