<< 「どんたく」の時間ですよ~!! 作品展 >>

武蔵寺の「長者の藤」 
昨日(4/29)は二日市武蔵寺の「藤供養会」を楽しみました。程よいお天気でラッキーでした。

天満宮では茶道と香道の7流派による「天満宮茶会」が行われていたそうです。道理で和服をお召になったシニアの方々が多いはず。

さすがに歴史の町、温泉の町、そして山の町(天拝山・宝満山)を彷彿とさせる賑やかな二日市でした。
あら、ブーゲンビリア? 沿道の躑躅を観賞しながら、ほどなく武蔵寺です。
b0018441_176684.jpg


武蔵寺
寺名については、武蔵国池上より日蓮宗の僧が来て、武蔵寺となったという。創建年については、飛鳥時代とも奈良時代ともいわれ定かではないが、境内から発見された瓦や経塚から11世紀頃までには寺が建立されていたことは確認されており、九州最古の仏蹟である。今は天台宗の寺院。山号は椿花山(Wikipediaより)。
b0018441_727101.gif


長者の藤
樹齢1300年といわれる藤の花。
この人だかりで、皆激写です。盛りを過ぎ、色は朧げ。
b0018441_17231040.gif


お稚児さん
稚児出仕は可愛い男の子二名。親御さんの方がそわそわとお世話されていました。親心ですね~。
b0018441_7504653.gif


邦楽奉納
沢井忠雄の「螺鈿」だと思いましたが、演奏されてました。
左手で軽く押して半音、強く押して一音、指に絃の跡が付くほどしっかり押して一音半と変わります。きちっと押さないと音が微妙にずれますね。
一番奥が17弦でした。お師匠さんでしょうか・・・
b0018441_17253080.jpg


水上ステージ
水上舞台上では、天拝勇太鼓などいろいろな催しがあってました。
筝曲と合わせて、動画で少しどうぞ。
あら~、サイズが小さくなりましたね。今日はUPに手間取りやり直したくないのでご容赦を。「YouTube.comで見る」でどうぞ。

若い人達や子ども達が古典芸能を頑張ってあるのは、嬉しいことですね。



一作
武蔵寺近くの行列のできる手打ち蕎麦屋さん。
この日はかき入れ時ですね。これ一杯で千円でした(@_@)。
b0018441_8281779.gif


帰りに「温泉アート展」の一つ・・・呉服店のギャラリーで写真作品展を鑑賞。
アンケートを求められても、困るのよね~。

なんだかんだと11,000歩のウォーキングになってしまいました。
ふふ、まるで歩こう会!! お疲れ様でした。


b0018441_0302779.gif

[PR]
by otomi_2 | 2013-04-30 23:05 | ◆樹木・花 | Comments(4) Topに戻る
Commented by sakura6012 at 2013-05-01 06:52
おはようございます。
沢山の画像見せて頂きました(^-^)ニコ

藤も素晴らしいけれど、お稚児さんの可愛い事

お蕎麦美味しかったでしょうね。
自宅でばっかりなので、たまにはお蕎麦屋さんののれん連れあいとくぐりたいものです。
Commented by otomi_2 at 2013-05-01 07:55
sakuraさん、ご無沙汰しております。
ようこそいらっしゃいました。

そばつゆは、どちらかというと関東風ですが、もう少し
まろやか。まあまあでしたよ。

sakuraさんの手にかかると、諸葛菜も高貴な花。
タニギキョウは、私も最近知りました。ヒメウズもSNK
の友人のブログでわかりました。

半月板を壊して以来、山らしい山は登っておりません。
山の可愛らしいお花を撮りたいですね。
Commented by Non at 2013-05-01 09:34 x
足の不調にも拘わらず相変わらずアクティブですね。

見ると聞くとでは大違い、迫力ある天拝勇太鼓や箏の演奏素晴らしいです。楽しませて貰いました。
やっぱり動画にかぎりますね。切り替えもバッチリ。 

有難う。 螺鈿は私の思い違いでした。 
Commented by otomi_2 at 2013-05-02 09:37
静止画・動画の選択は撮る時悩みます。
そして記事にするときにも悩みます。

基本的には、動きのあるもの・音のあるものは
動画で、すると仕立ても動画になります。

静止画は、デジブック・フラッシュ・PhotoStory、
そして動画仕立てなど色々ありすぎて悩みます。

悩んだ末、出来上がると嬉しいですね。記念の備忘録です。
<< 「どんたく」の時間ですよ~!! 作品展 >>